日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

System Manager - ONTAP 9.7 以前を使用して LDAP 構成を管理します

寄稿者

ONTAP システムマネージャクラシック( ONTAP 9.7 以前で使用可能)を使用して、 LDAP 設定を管理できます。

アクティブな LDAP クライアントを編集します

System Manager でアクティブな LDAP クライアントを Storage Virtual Machine ( SVM )に関連付けると、 LDAP をネームサービスとして使用したり、またはネームマッピングに使用したりすることができます。

手順
  1. [ * ストレージ * > * SVMs * ] をクリックします。

  2. SVM を選択し、 * SVM 設定 * をクリックします。

  3. [* サービス * ( * Services * ) ] ペインで、 [* LDAP 構成 * ( * LDAP Configuration * ) ] をクリック

  4. [* LDAP 設定 * ( * LDAP Configuration * ) ] ウィンドウで、 [ * 編集( * Edit ) ] をクリックします

  5. [ * アクティブ LDAP クライアント * ] ダイアログボックスで、編集する LDAP クライアントを選択し、次のアクションを実行します。

    • Active Directory ドメインサーバを変更する。

    • 優先される Active Directory サーバを変更する。

  6. [OK] をクリックします。

  7. [*LDAP 設定 *] ウィンドウで、行った変更が更新されていることを確認します。

アクティブな LDAP クライアントを削除します

Storage Virtual Machine ( SVM )をアクティブな LDAP クライアントに関連付けないようにする場合は、 System Manager を使用して、そのクライアントを削除できます。

手順
  1. [ * ストレージ * > * SVMs * ] をクリックします。

  2. SVM を選択し、 * SVM 設定 * をクリックします。

  3. SVM の設定 * タブをクリックします。

  4. [* サービス * ( * Services * ) ] ペインで、 [* LDAP 構成 * ( * LDAP Configuration * ) ] をクリック

  5. [ 削除( Delete ) ] をクリックします。

  6. 確認のチェックボックスをオンにし、 * 削除 * をクリックします。

LDAP Configuration ウィンドウ

LDAP Configuration ウィンドウを使用して、アクティブな LDAP クライアントを Storage Virtual Machine ( SVM )レベルで編集または削除できます。

コマンドボタン

  • * 編集 * 。

    Active LDAP クライアントダイアログボックスを開きます。このダイアログボックスで、 Active Directory ドメインサーバや優先される Active Directory サーバなど、アクティブな LDAP クライアントのプロパティを編集できます。

  • * 削除 *

    Delete Active LDAP Client ダイアログボックスを開きます。このダイアログボックスで、アクティブな LDAP クライアントを削除できます。

  • * 更新 *

    ウィンドウ内の情報を更新します。

LDAP Configuration 領域

アクティブな LDAP クライアントの詳細を表示します。

  • * LDAP クライアント名 *

    アクティブな LDAP クライアントの名前を表示します。

  • * Active Directory ドメイン・サーバ *

    アクティブな LDAP クライアントの Active Directory ドメインを表示します。

  • * 優先される Active Directory サーバ *

    アクティブな LDAP クライアントの優先される Active Directory サーバを表示します。