日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

新しいボリュームをプロビジョニングする場所を決定します

新しい CIFS ボリュームを作成する前に、そのボリュームを既存の Storage Virtual Machine ( SVM )に配置するかどうかを決め、既存の SVM に配置する場合はどのような設定が必要になるかについても確認しておく必要があります。これにより、ワークフローが決まります。

手順

  • 新しい SVM にボリュームをプロビジョニングする場合は、 CIFS 対応 SVM を新規に作成します。

    既存の SVM で CIFS を有効にしていない場合は、この手順に従ってください。

  • CIFS が有効になっているが設定はまだ完了していない既存の SVM にボリュームをプロビジョニングする場合は、既存の SVM に対する CIFS / SMB アクセスを設定します。

    手順を使用して SAN アクセス用の SVM を作成した場合は、この手順に従ってください。

  • CIFS アクセスの設定が完了している既存の SVM にボリュームをプロビジョニングする場合は、 CIFS 対応 SVM に CIFS ボリュームを追加します。