日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ソースボリュームを再同期

寄稿者 NetAppZacharyWambold

ソースボリュームがオンライン状態になったら、デスティネーションボリュームとソースボリュームの間でデータを再同期して、デスティネーションボリュームの最新のデータをレプリケートする必要があります。

ソースボリュームはオンラインである必要があります。

このタスクは、 * デスティネーション * クラスタから実行する必要があります。

次の図に示すように、アクティブなデスティネーションボリュームから読み取り専用のソースボリュームにデータがレプリケートされます。

次の図に示すように、アクティブなデスティネーションボリュームから読み取り専用のソースボリュームにデータがレプリケートされます
手順
  1. 実行している System Manager のバージョンに応じて、次のいずれかの手順を実行します。

    • ONTAP 9.4 以前: [ * 保護 * ] > [ * 関係 * ] をクリックします。

    • ONTAP 9.5 以降: * Protection * > * Volume Relationships * をクリックします。

  2. ソースボリュームとデスティネーションボリュームの間の SnapMirror 関係を選択します。

  3. SnapMirror 関係に対して設定されている転送スケジュールとポリシーを書き留めます。

  4. [* Operations] * > [* Reverse Resync] をクリックします。

  5. 確認のチェックボックスをオンにし、 * 逆再同期 * をクリックします。

    逆再同期画面

    ONTAP 9.3 以降では、関係の SnapMirror ポリシーは「 MirrorAllSnapshots 」に設定され、ミラースケジュールは「 None 」に設定されます。

    ONTAP 9.2 以前を実行している場合、関係の SnapMirror ポリシーは「デフォルト」に設定され、ミラースケジュールは「なし」に設定されます。

  6. ソースクラスタで、元の SnapMirror 関係の保護設定と同じになるように SnapMirror ポリシーとスケジュールを指定します。

    1. 実行している System Manager のバージョンに応じて、次のいずれかの手順を実行します。

      • ONTAP 9.4 以前: [ * 保護 * ] > [ * 関係 * ] をクリックします。

      • ONTAP 9.5 以降: * Protection * > * Volume Relationships * をクリックします。

    2. 再同期するソースボリュームとデスティネーションボリュームの間の SnapMirror 関係を選択し、 * Edit * をクリックします。

    3. SnapMirror ポリシーとスケジュールを選択し、 * OK * をクリックします。