日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

System Manager - ONTAP 9.7 以前で iSCSI プロトコルを設定します

ONTAP System Manager クラシック( ONTAP 9.7 以前で使用可能)を使用して iSCSI プロトコルを設定できます。これにより、 TCP / IP で SCSI プロトコルを使用してブロックデータをホストに転送できます。

iSCSI エイリアスを作成します

iSCSI エイリアスは、ユーザインターフェイスで iSCSI ターゲットデバイス(この場合はストレージシステム)を識別しやすくするために、そのターゲットデバイスに割り当てるわかりやすい識別子です。System Manager を使用して、 iSCSI エイリアスを作成できます。

iSCSI エイリアスは、 1~128 の印刷可能文字で構成される文字列です。 iSCSI エイリアスにはスペースを使用できません。

手順
  1. [ * ストレージ * > * SVMs * ] をクリックします。

  2. SVM を選択し、 * SVM 設定 * をクリックします。

  3. [Protocols ] ペインで、 [iSCSI] をクリックします。

  4. [* iSCSI * ] ウィンドウの [ サービス * ] タブで、 [ * 編集 ] をクリックします。

  5. Edit iSCSI Service Configuration * ( iSCSI サービス構成の編集)ダイアログボックスの * Target Alias (ターゲットエイリアス) * フィールドに iSCSI エイリアスを入力し、 * OK * をクリックします。

ストレージシステムインターフェイスで iSCSI サービスを有効または無効にします

System Manager を使用してネットワークインターフェイスを有効または無効にすることで、 iSCSI 通信に使用するネットワークインターフェイスを制御できます。iSCSI サービスが有効な場合、 iSCSI の接続と要求は、 iSCSI に対して有効になっているネットワークインターフェイス上で許可されますが、無効になっているインターフェイス上では許可されません。

インターフェイスを現在使用している iSCSI 接続および iSCSI セッションをすべて終了しておく必要があります。デフォルトでは、 iSCSI ライセンスを有効にすると、すべてのイーサネットインターフェイスで iSCSI サービスが有効になります。

手順
  1. [ * ストレージ * > * SVMs * ] をクリックします。

  2. SVM を選択し、 * SVM 設定 * をクリックします。

  3. [Protocols ] ペインで、 [iSCSI] をクリックします。

  4. iSCSI Interfaces * 領域で、 iSCSI サービスを有効または無効にするインターフェイスを選択します。

  5. 必要に応じて、 Enable または Disable をクリックします。

iSCSI イニシエータのセキュリティ方式を追加します

System Manager を使用して、イニシエータを追加し、イニシエータの認証に使用されるセキュリティ方式を指定できます。

手順
  1. [ * ストレージ * > * SVMs * ] をクリックします。

  2. SVM を選択し、 * SVM 設定 * をクリックします。

  3. [Protocols ] ペインで、 [iSCSI] をクリックします。

  4. [* iSCSI * ] ウィンドウで、 [ * イニシエータ・セキュリティ * ] タブをクリックします。

  5. [* Initiator Security* (イニシエータセキュリティ * ) ] 領域で [* Add] をクリックします。

  6. イニシエータを認証するためのイニシエータ名とセキュリティ方式を指定します。

    CHAP 認証の場合、インバウンド設定に対するユーザ名とパスワードを入力し、確認用にパスワードを再度入力する必要があります。アウトバウンド設定の場合、このログイン情報はオプションです。

  7. [OK] をクリックします。

デフォルトのセキュリティ設定を編集します

System Manager の Edit Default Security ダイアログボックスを使用して、ストレージシステムに接続されている iSCSI イニシエータのデフォルトのセキュリティ設定を編集できます。

手順
  1. [ * ストレージ * > * SVMs * ] をクリックします。

  2. SVM を選択し、 * SVM 設定 * をクリックします。

  3. [Protocols ] ペインで、 [iSCSI] をクリックします。

  4. [ イニシエータセキュリティ *] タブの [ デフォルトセキュリティ *] 領域で、 [ 編集 *] をクリックします。

  5. [ デフォルトセキュリティの編集 *] ダイアログボックスで、セキュリティタイプを変更します。

    CHAP 認証の場合、インバウンド設定に対するユーザ名とパスワードを入力し、確認用にパスワードを再度入力する必要があります。アウトバウンド設定の場合、このログイン情報はオプションです。

  6. [OK] をクリックします。

デフォルトの iSCSI イニシエータ認証方法を変更します

System Manager を使用して、特定の認証方式が設定されていないイニシエータに対して使用されるデフォルトの iSCSI 認証方式を変更できます。

手順
  1. [ * ストレージ * > * SVMs * ] をクリックします。

  2. SVM を選択し、 * SVM 設定 * をクリックします。

  3. [Protocols ] ペインで、 [iSCSI] をクリックします。

  4. [ * イニシエータ・セキュリティ * ] タブの [ * デフォルト・セキュリティ * ] 領域で、 [ * 編集 * ] をクリックします。

  5. セキュリティタイプを変更します。

    CHAP 認証の場合、インバウンド設定に対するユーザ名とパスワードを入力し、確認用にパスワードを再度入力する必要があります。アウトバウンド設定の場合、このログイン情報はオプションです。

  6. [OK] をクリックします。

iSCSI イニシエータのデフォルトセキュリティを設定します

System Manager を使用して、イニシエータの認証設定を削除し、イニシエータの認証にデフォルトのセキュリティ方法を使用できます。

手順
  1. [ * ストレージ * > * SVMs * ] をクリックします。

  2. SVM を選択し、 * SVM 設定 * をクリックします。

  3. [Protocols ] ペインで、 [iSCSI] をクリックします。

  4. [* Initiator Security* (イニシエータセキュリティ * ) ] タブで、セキュリティ設定を変更するイニシエータを選択します。

  5. [* Initiator Security* (イニシエータセキュリティ * ) ] 領域で [* Set Default* (デフォルトの設定 * ) ] をクリックし、確認ダイアログボックスで [* Set Default* (デフォルトの設定 * ) ] をクリックします。

iSCSI サービスを開始または停止します

System Manager を使用して、ストレージシステムで iSCSI サービスを開始または停止できます。

手順
  1. [ * ストレージ * > * SVMs * ] をクリックします。

  2. SVM を選択し、 * SVM 設定 * をクリックします。

  3. [Protocols ] ペインで、 [iSCSI] をクリックします。

  4. 必要に応じて、 [ スタート * ] または [ * 停止 * ] をクリックします。

イニシエータセキュリティ情報を表示します

System Manager を使用して、デフォルトの認証情報、およびイニシエータ固有のすべての認証情報を表示できます。

手順
  1. [ * ストレージ * > * SVMs * ] をクリックします。

  2. SVM を選択し、 * SVM 設定 * をクリックします。

  3. [Protocols ] ペインで、 [iSCSI] をクリックします。

  4. [* iSCSI * ] ウィンドウの [ * イニシエータ・セキュリティ * ] タブで、詳細を確認します。

iSCSI ウィンドウ

iSCSI ウィンドウでは、 iSCSI サービスの開始または停止、ストレージシステムの iSCSI ノード名の変更、ストレージシステムの iSCSI エイリアスの作成または変更を行うことができます。また、ストレージシステムに接続されている iSCSI イニシエータのイニシエータセキュリティ設定の追加や変更も可能です。

タブ

  • * サービス *

    サービス * タブを使用して、 iSCSI サービスの開始または停止、ストレージ・システムの iSCSI ノード名の変更、ストレージ・システムの iSCSI エイリアスの作成または変更を行うことができます。

  • * イニシエータセキュリティ *

    [ * イニシエータ・セキュリティ * ] タブを使用して、ストレージ・システムに接続されている iSCSI イニシエータのイニシエータ・セキュリティ設定を追加または変更できます。

コマンドボタン

  • * 編集 * 。

    Edit iSCSI Service Configurations ( iSCSI サービス設定の編集)ダイアログボックスが開きます。このダイアログボックスで、ストレージシステムの iSCSI ノード名と iSCSI エイリアスを変更できます。

  • * 開始 *

    iSCSI サービスを開始します。

  • * 停止 *

    iSCSI サービスを停止します。

  • * 更新 *

    ウィンドウ内の情報を更新します。

詳細領域

詳細領域には、 iSCSI サービスのステータス、 iSCSI ターゲットノード名、および iSCSI ターゲットエイリアスに関する情報が表示されます。この領域で、ネットワークインターフェイスに対して iSCSI サービスを有効または無効にできます。

  • 関連情報 *