日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

System Manager - ONTAP 9.7 以前を使用して、 DNS / DDNS サービスを管理します

ONTAP System Manager クラシック( ONTAP 9.7 以前で使用可能)を使用して、 DNS / DDNS サービスを管理できます。

DDNS を有効または無効にします

System Manager を使用して、ストレージシステムで DDNS を有効または無効にすることができます。

このタスクについて
  • DNS はデフォルトでは有効になっています。

  • DDNS はデフォルトでは無効になっています。

  • System Manager では、 DNS および DDNS の設定に対する検証チェックは実行されません。

手順
  1. [ * ストレージ * > * SVMs * ] をクリックします。

  2. SVM を選択し、 * SVM 設定 * をクリックします。

  3. [Services] ペインで、 [*DNS/DDNS *] をクリックします。

  4. *DNS/DDNS サービス * ウィンドウで、 * 編集 * をクリックします。

  5. Edit DNS/DDNS Settings * ダイアログボックスで、 * DDNS service * チェックボックスをオンにして DDNS を有効にします。

    DDNS を無効にするには、 * DDNS サービス * チェックボックスの選択を解除します。

  6. [OK] をクリックします。

DNS および DDNS の設定を編集します

DNS を使用すると、ホスト情報を一元的に管理できます。System Manager を使用して、ストレージシステムの DNS ドメイン名を追加または変更できます。ストレージシステムで DDNS を有効にして、 DNS サーバのネームサーバを自動的に更新することもできます。

セキュアな DDNS を使用するために、 Storage Virtual Machine ( SVM )用の CIFS サーバまたは Active Directory アカウントをセットアップしておく必要があります。

System Manager では、 DNS および DDNS の設定に対する検証チェックは実行されません。

手順
  1. [ * ストレージ * > * SVMs * ] をクリックします。

  2. SVM を選択し、 * SVM 設定 * をクリックします。

  3. [Services] ペインで、 [*DNS/DDNS *] をクリックします。

  4. [ 編集( Edit ) ] をクリックします。

  5. DNS Domains and Name Servers 領域で、 DNS ドメイン名および IP アドレスを追加または変更します。

  6. DDNS サービス * チェックボックスを選択して DDNS を有効にします。

    1. セキュア DDNS を有効にするには、 * セキュア DDNS を有効にする * チェックボックスをオンにします。

    2. DDNS サービスの Fully Qualified Domain Name ( FQDN ;完全修飾ドメイン名)と Time-To-Live ( TTL )の値を指定します。

      デフォルトでは、 TTL は 24 時間に設定され、 FQDN は「 S vm name 」に設定されます。ドメイン名

  7. [OK] をクリックして、行った変更を保存します。

DNS / DDNS サービスウィンドウ

DNS / DDNS サービスウィンドウを使用すると、システムの現在の DNS および DDNS の設定を確認して編集できます。

コマンドボタン

  • * 編集 * 。

    DNS / DDNS 設定の編集ダイアログボックスを開きます。このダイアログボックスを使用して、 DNS または DDNS の詳細を追加または変更できます。DDNS を有効または無効にすることもできます。

  • * 更新 *

    ウィンドウ内の情報を更新します。