日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

新しいノードで AutoSupport を設定

クラスタにノードを追加したら、そのノードに AutoSupport を設定する必要があります。

クラスタの既存のノードに AutoSupport がセットアップされている必要があります。

この手順は両方のノードで実行する必要があります。

手順
  1. 「 -node 」パラメータを元のクラスタ内のいずれかのノードに設定して、「 system node AutoSupport show 」コマンドを使用して AutoSupport 設定を表示します。

    cluster1::> system node autosupport show -node cluster1-1
                                Node: cluster1-1
                               State: enable
                     SMTP Mail Hosts: smtp.example.com
    																																...
  2. 新しく追加したノードの 1 つで、「 system node AutoSupport modify 」コマンドを使用して、既存のノードと同じように AutoSupport を設定します。

    cluster1::> system node autosupport modify -node cluster1-3 -state enable -mail-hosts smtp.example.com -from alerts@node3.example.com -to support@example.com -support enable -transport https -noteto pda@example.com -retry-interval 23m
  3. 新しく追加した他のノードに対して同じ手順を繰り返します。