日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

FlexVol ボリュームを作成します

寄稿者 NetAppZacharyWambold netapp-ivanad

データ用の FlexVol ボリュームは、 System Manager のボリュームの作成ダイアログボックスを使用して作成できます。ルートボリュームにデータを格納するのではなく、データ用のボリュームを必ず別に作成してください。

作業を開始する前に
  • クラスタにルート以外のアグリゲートと Storage Virtual Machine ( SVM )が含まれている必要があります。

  • 読み書き可能ボリュームを作成する場合は、 SVM 用のプロトコルを設定し、 SnapMirror ライセンスまたは SnapVault ライセンスをインストールしておく必要があります。

    プロトコルが未設定で、いずれかのライセンスをインストールしている場合は、データ保護( DP )ボリュームだけを作成できます。

  • 暗号化されたボリュームを作成するには、 System Manager を使用してボリューム暗号化ライセンスをインストールし、コマンドラインインターフェイス( CLI )を使用して「 key-manager setup 」を有効にしておく必要があります。

    「 key-manager setup 」を有効にした後、 Web ブラウザを更新する必要があります。

このタスクについて
  • ストレージ QoS を有効にできるのは、読み書き可能( rw )ボリュームだけです。

  • MetroCluster 構成の同期元の SVM で DP ボリュームを作成した場合、そのボリュームは同期先の SVM にレプリケートされません。

  • MetroCluster 構成で DP ボリュームを作成した場合、そのソースボリュームは同期先の SVM にレプリケート(ミラーまたはバックアップ)されません。

  • MetroCluster 構成では、 System Manager にはボリューム作成用に次のアグリゲートが表示されます。

    • 通常モードの場合:プライマリサイトの同期元 SVM またはデータ提供用 SVM にボリュームを作成する場合、プライマリサイトのクラスタに属しているアグリゲートのみが表示される。

    • 切り替えモードの場合:フェイルオーバー先のサイトの同期先 SVM またはデータ提供用 SVM にボリュームを作成する場合、切り替えられたアグリゲートのみが表示される。

  • Cloud Volumes ONTAP のボリュームは暗号化できません。

  • デスティネーションクラスタで ONTAP 9.3 より前のバージョンの ONTAP ソフトウェアが実行されている場合、ソースボリュームで暗号化が有効になっていても、デスティネーションボリュームではデフォルトで暗号化が無効になります。

手順
  1. [* ストレージ > ボリューム *] をクリックします。

  2. [* 作成 > FlexVol の作成 *] をクリックします。

  3. ボリュームを作成する SVM を参照して選択します。

    Create Volume (ボリュームの作成)ダイアログボックスが表示されます。このダイアログボックスには次のタブがあります。

    • 全般

    • ストレージ効率

    • SnapLock

    • Quality of Service の略

    • 保護

  4. [*General] タブで、次の手順を実行します。

    1. FlexVol ボリュームの名前を指定します。

    2. FabricPool * ボタンをクリックして、ボリュームが FabricPool ボリュームであることを指定します。

    3. アグリゲートを選択するには、 * Choose * をクリックします。

      ボリュームが FlexVol ボリュームの場合は FabricPool 対応アグリゲートのみ、 FabricPool 以外の FabricPool FlexVol ボリュームの場合は FabricPool 対応アグリゲートでないアグリゲートのみを選択できます。暗号化されたアグリゲート( NAE )を選択すると、作成するボリュームにアグリゲートの暗号化が継承されます。

    4. ストレージタイプを選択します。

    5. ボリュームのサイズと単位を指定します。

    6. Snapshot コピー用にリザーブするスペースの量を指定します。

    7. スペースリザベーション * ドロップダウンメニューからスペースリザーブオプションを選択します。

    8. ボリュームの暗号化を有効にするには、 * Volume Encryption * チェックボックスを選択します。このオプションを使用できるのは、ボリューム暗号化ライセンスを有効にした場合のみです。また、対応するプラットフォームで暗号化がサポートされている必要があります。

  5. Storage Efficiency * タブで、次の手順を実行します。

    1. このボリュームを作成するストレージのタイプを選択します。

      SnapMirror デスティネーションボリュームを作成する場合は、「 * データ保護 * 」を選択する必要があります。このボリュームへの読み取り専用アクセスが許可されます。

    2. ボリュームの階層化ポリシーを指定します。

    3. ボリュームのサイズと、 Snapshot コピー用にリザーブする合計ボリュームサイズの割合を指定します。

      Snapshot コピー用にデフォルトで予約されているスペースは、 SAN ボリュームと VMware ボリュームについては 0% です。NAS ボリュームについては、デフォルトでは 5% です。

    4. ボリュームに対して「 * Default 」、「 * Thin Provisioned 」、または「 * Thick Provisioned 」を選択します。

      シンプロビジョニングが有効になっている場合は、ボリュームにデータが書き込まれたときにのみ、アグリゲートからボリュームにスペースが割り当てられます。

      注記
      • AFF ストレージシステムの場合、シンプロビジョニングの値は「デフォルト」です。その他のストレージシステムの場合、シックプロビジョニングの値は「デフォルト」です。

      • FabricPool 対応アグリゲートの場合、シンプロビジョニングの値は「 default 」です。

    5. ボリュームで重複排除を有効にするかどうかを指定します。

      System Manager では、デフォルトの重複排除スケジュールが使用されます。指定したボリュームサイズが重複排除の実行が可能な最大サイズよりも大きい場合、ボリュームは作成されますが、重複排除は有効になりません。

    オールフラッシュで最適化されたシステムでは、インライン圧縮と「 auto 」重複排除スケジュールはデフォルトで有効になっています。

  6. [Quality of Service]( サービス品質 *) タブで、次の手順に従います。

    1. FlexVol ボリュームのストレージ QoS を有効にしてワークロードのパフォーマンスを管理する場合は、「 Manage Storage Quality of Service 」チェックボックスを選択します。

    2. 新しいストレージ QoS ポリシーグループを作成するか、既存のポリシーグループを選択して、 FlexVol の入出力( I/O )のパフォーマンスを制御します。

      状況 手順

      新しいポリシーグループを作成します

      1. [ 新しいポリシーグループ *] を選択します。

      2. ポリシーグループの名前を指定します。

      3. 最小スループット制限を指定します。

        • System Manager 9.5 では、パフォーマンスがオールフラッシュで最適化されている場合にのみ最小スループット制限を設定できます。System Manager 9.6 では、ポリシーグループに最小スループット制限を設定できます。

        • FabricPool 対応アグリゲートでは、ボリュームの最小スループット制限を設定することはできません。

        • 最小スループット値を指定しない場合、または最小スループット値が 0 に設定されている場合は、自動的に「なし」という値が表示されます。

          この値では大文字と小文字が区別されます。

      4. 最大スループット制限を指定します。ポリシーグループに含まれるオブジェクトのワークロードがこのスループット制限を超えないように制限されます。

        • 最小スループット制限と最大スループット制限の単位は同じにする必要があります。

        • 最小スループット制限を指定しない場合は、 IOPS 、 B/ 秒、 KB/ 秒、 MB/ 秒などの単位で最大スループット制限を設定できます。

        • 最大スループット値を指定しない場合は ' 自動的に値として無制限が表示されます

          この値では大文字と小文字が区別されます。指定した単位は無視されます。

      既存のポリシーグループを選択してください

      1. [ ポリシーグループの選択 ] ダイアログボックスで、 [ 既存のポリシーグループ ] を選択し、 [*Choose] をクリックして既存のポリシーグループを選択します。

      2. 最小スループット制限を指定します。

        • System Manager 9.5 では、パフォーマンスがオールフラッシュで最適化されている場合にのみ最小スループット制限を設定できます。System Manager 9.6 では、ポリシーグループに最小スループット制限を設定できます。

        • FabricPool 対応アグリゲートでは、ボリュームの最小スループット制限を設定することはできません。

        • 最小スループット値を指定しない場合、または最小スループット値が 0 に設定されている場合は、自動的に「なし」という値が表示されます。

          この値では大文字と小文字が区別されます。

      3. 最大スループット制限を指定します。ポリシーグループに含まれるオブジェクトのワークロードがこのスループット制限を超えないように制限されます。

        • 最小スループット制限と最大スループット制限の単位は同じにする必要があります。

        • 最小スループット制限を指定しない場合は、 IOPS 、 B/ 秒、 KB/ 秒、 MB/ 秒などの単位で最大スループット制限を設定できます。

        • 最大スループット値を指定しない場合は ' 自動的に値として無制限が表示されます

          この値では大文字と小文字が区別されます。指定した単位は無視されます。

        ポリシーグループが複数のオブジェクトに割り当てられている場合、指定した最大スループットはそれらのオブジェクトの合計スループットです。

  7. [* 保護 *] タブで、次の手順を実行します。

    1. ボリューム保護を有効にするかどうかを指定します。

      FabricPool 以外の FlexGroup ボリュームは FabricPool FlexGroup ボリュームで保護できます。

      FabricPool FlexGroup ボリュームは FabricPool 以外の FlexGroup ボリュームで保護できます。

    2. * Replication * タイプを選択します。

    選択したレプリケーションタイプ 手順

    非同期

    1. * オプション: * レプリケーションタイプと関係タイプがわからない場合は、 * ヘルプ ME 選択 * をクリックし、値を指定して、 * 適用 * をクリックします。

    2. 関係タイプを選択します。

      関係タイプは、ミラー、バックアップ、ミラーとバックアップのいずれかです。

    3. デスティネーションボリュームのクラスタと SVM を選択します。

      選択したクラスタで ONTAP 9.3 より前のバージョンの ONTAP ソフトウェアが実行されている場合、ピア関係が設定された SVM だけが表示されます。選択したクラスタで ONTAP 9.3 以降が実行されている場合は、ピア関係が設定された SVM と許可された SVM が表示されます。

    4. ボリューム名サフィックスを必要に応じて変更します。

    同期

    1. * オプション: * レプリケーションタイプと関係タイプがわからない場合は、 * ヘルプ ME 選択 * をクリックし、値を指定して、 * 適用 * をクリックします。

    2. 同期ポリシーを選択します。

      同期ポリシーは、 StrictSync または Sync のいずれかです。

    3. デスティネーションボリュームのクラスタと SVM を選択します。

      選択したクラスタで ONTAP 9.3 より前のバージョンの ONTAP ソフトウェアが実行されている場合、ピア関係が設定された SVM だけが表示されます。選択したクラスタで ONTAP 9.3 以降が実行されている場合は、ピア関係が設定された SVM と許可された SVM が表示されます。

    4. ボリューム名サフィックスを必要に応じて変更します。

  8. [ 作成( Create ) ] をクリックします。

  9. 作成したボリュームが * Volume * ウィンドウのボリュームリストに含まれていることを確認します。

    このボリュームは、 UNIX 形式のセキュリティと、所有者に対する UNIX 700 の「 read write execute 」権限で作成されます。

    • 関連情報 *