日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

System Manager - ONTAP 9.7 以前を使用して SVM を作成します

寄稿者

ONTAP System Managerクラシック(ONTAP 9.7以前で使用可能)を使用して、完全に設定されたStorage Virtual Machine(SVM)を作成し、データをただちに提供することができます。クラスタには 1 つ以上の SVM を配置できます。

作業を開始する前に
  • クラスタには、ルートではないオンライン状態のアグリゲートが少なくとも 1 つ必要です。

  • アグリゲートには、 SVM のルートボリューム用の十分なスペースが必要です。

  • CIFS の作成および認証エラーが発生しないように NTP を設定して有効にし、クラスタ内で時間を同期させておく必要があります。

  • SVM で設定するプロトコルのライセンスが必要です。

  • セキュアな DDNS を使用するために CIFS プロトコルを設定しておく必要があります。

このタスクについて
  • SVM を作成する際、次の作業を実行できます。

    • SVM を作成し、完全に設定する。

    • SVM で許可するボリュームタイプを設定する。

    • SVM を作成し、最小限のネットワーク設定だけを行う。

    • SVM 管理者に管理を委譲する。

  • SVM の名前には、英数字と特殊文字「 . 」を使用できます。 (ピリオド)、「 - 」(ハイフン)、および「 _ 」(アンダースコア)。

    SVM 名の 1 文字目はアルファベットまたは "_" (アンダースコア)にする必要があります。最大文字数は 47 文字です。

    注記

    SVM 名には、 vs0.example.com のような一意の Fully Qualified Domain Name ( FQDN ;完全修飾ドメイン名)を使用します。

  • SnapMirror 関係は、言語設定が同じボリューム間でのみ確立できます。

    SVM の言語によって、 SVM 内のすべての NAS ボリュームのファイル名とデータの表示に使用される文字セットが決まります。

  • SnapLock アグリゲートを SVM のルートアグリゲートとして使用することはできません。

手順
  1. [ * ストレージ * > * SVMs * ] をクリックします。

  2. [ 作成( Create ) ] をクリックします。

  3. Storage Virtual Machine ( SVM )のセットアップ * ウィンドウで、次の詳細を指定します。

    • SVM 名

    • SVM に割り当てられている IPspace です

    • 許可されているボリュームタイプです

    • 許可されているプロトコル

    • SVM の言語

    • ルートボリュームのセキュリティ形式

    • ルートアグリゲート

      SVMのデフォルトの言語設定はC.UTF-8です。

      デフォルトでは、空きスペースが最も多いアグリゲートが SVM のルートボリュームのコンテナとして選択されます。デフォルトのセキュリティ形式とルートアグリゲートは、選択したプロトコルに基づいて選択されます。

      CIFSプロトコル、またはCIFSプロトコルと他のプロトコルの組み合わせを選択した場合は、セキュリティ形式はNTFSに設定されます。NFS 、 iSCSI 、 NVMe 、 FC / FCoE の各プロトコル、またはそれらのプロトコルの組み合わせを選択した場合は、セキュリティ形式は UNIX に設定されます。

      注記

      NVMe を使用する場合は、プロトコルを組み合わせることはできません。

    MetroCluster 構成では、クラスタに含まれるアグリゲートのみが表示されます。

  4. DNS ドメインの名前とネームサーバの IP アドレスを指定して DNS サービスを設定します。

    デフォルトでは、既存の SVM 設定の値が選択されます。

  5. *オプション:プロトコルを使用してデータにアクセスするようにデータLIFを設定する場合は、ターゲットエイリアス、サブネット、ノードあたりのLIF数を指定します。

    LIF のポートセットの数を変更するには、「 * Review or Modify LIFs configuration ( Advanced Settings ) * 」チェックボックスを選択します。

    特定のノードのポートセットの詳細を編集するには、詳細領域のノードリストからノードを選択します。

  6. *オプション:SVMのクレデンシャルを指定して、SnapDrive やSnapManager などのホスト側アプリケーションをSVM管理者に対して有効にします。

  7. オプション: NVMe以外のプロトコルを使用する場合、* Create a new LIF for SVM management *をクリックしてSVM管理用の新しいLIFを作成し、ポートセットとIPアドレスに新しい管理LIFのサブネットの有無を指定します。

    CIFS プロトコルと NFS プロトコルのデータ LIF には、デフォルトで管理アクセスが付与されます。新しい管理 LIF は必要な場合にのみ作成する必要があります。iSCSI および FC の場合、データプロトコルと管理プロトコルで 1 つの LIF を共有できないため、 SVM 管理 LIF が必要になります。

  8. オプション: ONTAP 9.5以降では、SVMセットアップウィザードの2ページ目で各ノードに少なくとも1つのLIFを設定します。* NVMeプロトコルを設定。*

    HA ペアの各ノードに対して少なくとも 1 つの LIF を設定する必要があります。LIF はノードごとに 2 つ指定することもできます。設定アイコンをクリックすると、 LIF の設定が 1 つまたは 2 つに切り替わります。

  9. [Submit & Continue] をクリックします。

    指定した設定で SVM が作成されます。

結果

作成した SVM は自動的に起動します。ルートボリューム名は「 S vm name_root 」として自動的に生成されます。デフォルトでは 'vsadmin ユーザー・アカウントが作成され ' ロック状態になります

次に何をするか

SVM で少なくとも 1 つのプロトコルを設定してデータアクセスを許可する必要があります。