日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

System Manager - ONTAP 9.7 以前でディスクタイプとディスク rpm を表示する場合のルール

アグリゲートを作成してデータディスクを追加する際には、 ONTAP の System Manager クラシック( ONTAP 9.7 以前で使用可能)にディスクタイプとディスク rpm の表示に適用されるルールを理解しておく必要があります。

ディスクタイプの混在オプションとディスク rpm の混在オプションが有効でない場合は、実際のディスクタイプとディスク rpm が表示されます。

これらの混在オプションを有効にすると、実際のディスクタイプとディスク rpm の代わりに、有効なディスクタイプと有効なディスク rpm が表示されます。たとえば、ディスクの混在オプションが有効になっている場合、 System Manager では BSAS ディスクが FSAS と表示されます。同様に、ディスク rpm の混在オプションが有効になっている場合、ディスクの rpm が 10 、 000 と 15 、 000 の場合、 System Manager では有効な rpm が 10 、 000 と表示されます。