日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SnapMirror データ転送のステータスを監視します

寄稿者 NetAppZacharyWambold

SnapMirror 関係のステータスを定期的に監視して、 SnapMirror データ転送が指定したスケジュールに従って実行されていることを確認する必要があります。

このタスクは、 * デスティネーション * クラスタから実行する必要があります。

手順
  1. 実行している System Manager のバージョンに応じて、次のいずれかの手順を実行します。

    • ONTAP 9.4 以前: [ * 保護 * ] > [ * 関係 * ] をクリックします。

    • ONTAP 9.5 以降: * Protection * > * Volume Relationships * をクリックします。

  2. ソースボリュームとデスティネーションボリューム間の SnapMirror 関係を選択し、 * Details * Bottom タブでステータスを確認します。

    詳細タブには、 SnapMirror 関係の健常性ステータスと、転送エラーと遅延時間が表示されます。

    • Is Healthy フィールドには、「 Yes 」と表示されている必要があります。

      SnapMirror データ転送に失敗すると、ほとんどの場合、このフィールドには「 No 」と表示されます。しかし、失敗した場合には、フィールドに「はい」と表示され続けることがあります。「詳細」セクションの転送エラーを確認して、データ転送が失敗していないことを確認する必要があります。

    • Relationship State フィールドには「 napMirrored 」と表示されている必要があります。

    • 遅延時間は転送スケジュールの間隔よりも短い必要があります。

      たとえば、転送スケジュールが 1 時間ごとの場合、遅延時間は 1 時間未満でなければなりません。

      SnapMirror 関係に問題がある場合は、トラブルシューティングを行ってください。

    SnapMirror 監視 3 のヘルス状態の遅延