日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Windows Unified Host Utilities をインストールする

寄稿者 NetAppZacharyWambold

Windows Unified Host Utilities には、ネットアップの ONTAP および E シリーズのプラットフォームにおけるストレージシステムの動作を Windows ホストが正しく処理できるように、必要な Windows のレジストリパラメータと HBA パラメータを設定するインストールプログラムが含まれています。

次の作業を完了しておきます。

  • Interoperability Matrix でサポートされている構成を確認します

  • 必要な Windows 修正プログラムを Interoperability Matrix で確認します

  • FCP ライセンスを追加し、ターゲットサービスを開始します

  • ケーブル接続を確認します

    ケーブル接続と構成の詳細については、ネットアップサポートサイトの使用している ONTAP または E シリーズストレージシステムのハードウェアケーブル接続について、「 SAN 構成」を参照してください。

Windows Unified Host Utilities ソフトウェアパッケージのインストール時に、マルチパスのサポートを含めるかどうかを指定する必要があります。Windows ホストまたは仮想マシンからストレージシステムへのパスが複数ある場合は、 MPIO を選択します。ストレージシステムへのパスが 1 つしかない場合にのみ、 MPIO を使用しないようにします。

注記

MPIO の選択は、 Windows XP および Windows Vista システムでは使用できません。マルチパス I/O は、これらのゲスト OS ではサポートされていません。

Hyper-V ゲストでマルチパスのサポートを選択した場合、 raw (パススルー)ディスクはゲスト OS に表示されません。raw ディスクを使用することも、 MPIO を使用することもできますが、ゲスト OS で両方を使用することはできません。

インストールに関する詳細情報は、を参照してください "Windows Unified Host のインストール"

手順
  1. ネットアップサポートサイトから該当するバージョンの Windows Unified Host Utilities をダウンロードします。

  2. 実行ファイルを実行し、画面の指示に従います。

  3. プロンプトが表示されたら、 Windows ホストをリブートします。