日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ONTAP 9.7 以前の System Manager で LDAP サーバを設定します

ONTAP System Manager クラシック( 9.7 以前のバージョンで使用可能)を使用して、ユーザ情報を一元的に管理する LDAP サーバを設定できます。

LDAP クライアント設定を表示します

System Manager を使用して、クラスタ内の Storage Virtual Machine ( SVM )に対して設定されている LDAP クライアントを表示することができます。

手順
  1. * をクリックします*

  2. [* セットアップ * ( * Setup * ) ] ペインで、 [* LDAP] をクリックします。

    LDAP クライアントのリストが LDAP ウィンドウに表示されます。

LDAP サービスを使用する

LDAP サーバを使用すると、ユーザ情報を一元的に管理できます。ユーザデータベースを LDAP サーバに保存する場合、既存の LDAP データベースのユーザ情報を検索するように Storage Virtual Machine ( SVM )を設定できます。

ONTAP は、 NFS と CIFS 間のユーザ認証、ファイルアクセス認証、ユーザ検索、およびマッピングサービスで LDAP をサポートしています。

LDAP ウィンドウ

LDAP ウィンドウを使用して、ユーザ認証、ファイルアクセス認証、およびユーザ検索用の LDAP クライアントを表示したり、 NFS と CIFS 間のサービスをクラスタレベルでマッピングしたりできます。

コマンドボタン

  • * 追加 * 。

    LDAP クライアントの作成および設定を行うための Create LDAP Client ダイアログボックスを開きます。

  • * 編集 * 。

    LDAP クライアント設定を編集できる Edit LDAP Client ダイアログボックスを開きます。アクティブな LDAP クライアントを編集することもできます。

  • * 削除 *

    LDAP クライアント設定を削除するための Delete LDAP Client (複数可)ダイアログボックスを開きます。アクティブな LDAP クライアントを削除することもできます。

  • * 更新 *

    ウィンドウ内の情報を更新します。

LDAP クライアントリスト

LDAP クライアントの詳細を表形式で表示します。

  • * LDAP クライアント構成 *

    指定した LDAP クライアント設定の名前を表示します。

  • * Storage Virtual Machine *

    LDAP クライアント設定ごとに Storage Virtual Machine ( SVM )の名前を表示します。

  • * スキーマ *

    LDAP クライアントごとにスキーマを表示します。

  • * 最小バインドレベル *

    LDAP クライアントごとに最小バインドレベルを表示します。

  • * Active Directory ドメイン *

    LDAP クライアント設定ごとに Active Directory ドメインを表示します。

  • * LDAP サーバ *

    LDAP クライアント設定ごとに LDAP サーバを表示します。

  • * 優先される Active Directory サーバ *

    LDAP クライアント設定ごとに優先される Active Directory サーバを表示します。

  • 関連情報 *