日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

各ホスト FC ポートの WWPN を記録します

World Wide Port Name ( WWPN )は、 FC スイッチのゾーニングと、ホストから LUN にアクセスできる igroup の作成に必要です。

ホストの HBA に対応するベンダーの HBA ユーティリティをインストールし、構成に対してサポートされているバージョンのドライバ、ファームウェア、 BIOS が HBA で実行されていることを確認しておく必要があります。

すべての設定で WWPN が使用されます。World Wide Node Name ( WWNN )は記録する必要はありません。

手順
  1. 使用している FC HBA タイプに対応した HBA ユーティリティを実行します。

  2. HBA を選択します。

  3. 各ポートの WWPN を記録します。

    次の例は、以前は OneCommand Manager と呼ばれていた Emulex HBA Manager を示しています。

    2 ポート HBA の各ポートの WWPN の値が表示された OneCommand Manager の図。

    QLogic QConvergeConsole などの他のユーティリティでも、同様の情報を確認できます。

  4. ホストの各 FC HBA について、同じ手順を繰り返します。