日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ONTAP 9.7 以前の場合は、 System Manager で SNMP を設定します

寄稿者

ONTAP System Manager クラシック( ONTAP 9.7 以前で使用可能)を使用して、クラスタ内の SVM を監視するように SNMP を設定できます。

SNMP を有効または無効にします

System Manager を使用して、クラスタで SNMP を有効または無効にすることができます。SNMP を使用すると、クラスタの Storage Virtual Machine ( SVM )を監視して、問題の発生前に対処して発生を防ぐことができます。

手順
  1. * をクリックします*

  2. [Setup] ペインで、 [SNMP] をクリックします。

  3. [SNMP] ウィンドウで、 [Enable] または [Disable] をクリックします。

SNMP 情報を編集します

System Manager の Edit SNMP Settings ダイアログボックスを使用して、ストレージシステムの場所と担当者に関する情報を更新したり、システムの SNMP コミュニティを指定したりできます。

このタスクについて

System Manager は、 SNMP プロトコル SNMPv1 と SNMPv2c 、および SNMP コミュニティを使用して、ストレージシステムを検出します。

手順
  1. * をクリックします*

  2. [Setup] ペインで、 [SNMP] をクリックします。

  3. [ 編集( Edit ) ] をクリックします。

  4. General (全般)タブで、ストレージ・システムおよび SNMP コミュニティの連絡先担当者情報と場所情報を指定します。

    コミュニティ名の最大文字数は 32 文字です。特殊文字、 / : " ' | は使用できません。

  5. SNMPv3 タブで、次の手順を実行します。

    1. Add * をクリックして SNMPv3 ユーザーを追加します。

    2. ユーザ名を指定し、必要に応じてエンジン ID を変更します。

    3. 認証プロトコル * を選択し、クレデンシャルを入力します。

    4. [* Privacy Protocol] を選択し、クレデンシャルを入力します。

    5. [OK] をクリックして変更を保存します。

  6. [OK] をクリックします。

  7. [SNMP] ウィンドウで、 SNMP 設定に加えた変更を確認します。

SNMP トラップを有効または無効にします

SNMP トラップを使用すると、ストレージシステムのさまざまなコンポーネントのヘルスと状態を監視できます。System Manager の Edit SNMP Settings ダイアログボックスを使用して、ストレージシステム上の SNMP トラップを有効または無効にすることができます。

このタスクについて

SNMP はデフォルトで有効になっていますが、 SNMP トラップはデフォルトでは無効になっています。

手順
  1. * をクリックします*

  2. [Setup] ペインで、 [SNMP] をクリックします。

  3. [SNMP] ウィンドウで、 [Edit] をクリックします。

  4. SNMP 設定の編集 * ( Edit SNMP Settings * )ダイアログボックスで、 * トラップホスト * ( Trap hosts * )タブを選択し、 * トラップの有効化 * ( * Enable traps * )チェックボックスを選択または選択解除して、それぞれ SNMP トラップを有効または無効にします。

  5. SNMP トラップを有効にする場合は、トラップの送信先ホストのホスト名または IP アドレスを追加します。

  6. [OK] をクリックします。

トラップホストの設定をテストします

System Manager を使用して、トラップホストが正しく設定されているかどうかをテストできます。

手順
  1. * をクリックします*

  2. [Setup] ペインで、 [SNMP] をクリックします。

  3. [* SNMP*] ウィンドウで、 [* トラップホストのテスト ] をクリックします。

  4. [OK] をクリックします。

SNMP ウィンドウ

SNMP ウィンドウでは、システムの現在の SNMP 設定を確認できます。システムの SNMP 設定の変更、 SNMP プロトコルの有効化、およびトラップホストの追加も行うことができます。

コマンドボタン

  • * 有効 / 無効 *

    SNMP を有効または無効にします。

  • * 編集 * 。

    SNMP 設定の編集ダイアログボックスを開きます。このダイアログボックスで、ストレージシステムの SNMP コミュニティを指定し、トラップを有効または無効にすることができます。

  • * トラップホストのテスト *

    設定済みのすべてのホストにテストトラップを送信して、テストトラップがすべてのホストに到達するかどうか、および SNMP が正しく設定されているかどうかを確認します。

  • * 更新 *

    ウィンドウ内の情報を更新します。

詳細

詳細領域には、ストレージシステムの SNMP サーバとトラップホストに関する次の情報が表示されます。

  • * SNMP *

    SNMP が有効になっているかどうかが表示されます。

  • * トラップ *

    SNMP トラップが有効になっているかどうかが表示されます。

  • * 場所 *

    SNMP サーバのアドレスが表示されます。

  • * 連絡先 *

    SNMP サーバの連絡先の詳細が表示されます。

  • * トラップホスト IP アドレス *

    トラップホストの IP アドレスが表示されます。

  • * コミュニティ名 *

    SNMP サーバのコミュニティ名が表示されます。

  • * セキュリティ名 *

    SNMP サーバのセキュリティ形式が表示されます。

  • 関連情報 *