日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SnapVault 関係を作成( ONTAP 9.2 以前)

寄稿者 NetAppZacharyWambold

SnapVault バックアップを作成するには、ピア関係にあるそれぞれのクラスタのソースボリュームとデスティネーションボリュームの間で SnapVault 関係を作成する必要があります。

作業を開始する前に
  • デスティネーションクラスタのクラスタ管理者のユーザ名とパスワードが必要です。

  • デスティネーションアグリゲートの使用可能なスペースを確保する必要があります。

このタスクは * source * cluster で実行する必要があります。

手順
  1. [ * ストレージ * > * SVMs * ] をクリックします。

  2. SVM を選択し、 * SVM 設定 * をクリックします。

  3. [* Volumes (ボリューム) ] タブをクリックします

  4. バックアップするボリュームを選択し、 *Protect をクリックします。

  5. [ 保護関係の作成 * ( Create Protection Relationship Relationship * ) ] ダイアログボックスで、 [ 関係タイプ * ( Relationship Type * ) ] ドロップダウンリストから [ * ボールト * ( * Vault * ) ] を選択する。

  6. デスティネーションボリューム * セクションで、ピアクラスタを選択します。

  7. デスティネーションボリュームの SVM を指定します。

    SVM の状態 作業

    ピアリング完了

    ピア関係にある SVM をリストから選択します。

    ピアリングされていません

    1. SVM を選択します。

    2. [* Authenticate] をクリックします。

    3. ピアクラスタのクラスタ管理者のクレデンシャルを入力し、 * Create * をクリックします。

  8. 新しいデスティネーションボリュームを作成します。

    1. 「 * New Volume * (新規ボリューム)」オプションを選択します。

    2. デフォルトのボリューム名を使用するか、新しいボリューム名を入力します。

    3. デスティネーションアグリゲートを選択します。

    4. [ 重複排除を有効にする *] チェックボックスがオンになっていることを確認します。

    デスティネーションボリュームの SnapVault
  9. [Configuration Details] セクションで、保護ポリシーとして [XDPDefault ( XDPDefault ) ] を選択します。

  10. 保護スケジュールをスケジュールのリストから選択します。

  11. ベース Snapshot コピーを転送するために * Initialize Relationship * チェックボックスが選択されていることを確認し、 * Create * をクリックします

    Config Details SnapVault の略

    指定したバックアップポリシーとスケジュールを使用して関係が作成されます。関係が初期化されて、ソースボリュームからデスティネーションボリュームへのデータのベースライン転送が開始されます。

    [ ステータス ] セクションには、各ジョブのステータスが表示されます。

    SnapVault の作成が完了しました
  12. SnapVault 関係のステータスが「 SnapMirro 済み」であることを確認します。

    1. ボリュームリストからボリュームを選択し、 * データ保護 * をクリックします。

    2. [*Data Protection] の下部タブで、作成した SnapMirror 関係が一覧表示され、関係の状態が「 SnapMirro 済み」でタイプが「 Vault 」であることを確認します。

      データ保護ウィンドウ sv