日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

System Manager - ONTAP 9.7 以前を使用して、データ保護ボリュームを編集します

ONTAP System Manager クラシック( ONTAP 9.7 以前で使用可能)を使用して、データ保護( DP )ボリュームのボリューム名を変更できます。ソースボリュームで Storage Efficiency が有効になっていない場合に、デスティネーションボリュームでのみ Storage Efficiency を有効にすることもできます。

ミラー DP ボリュームの Storage Efficiency を変更することはできません。

手順
  1. [* ストレージ > ボリューム *] をクリックします。

  2. SVM * フィールドのドロップダウンメニューから、編集する DP ボリュームが配置されている Storage Virtual Machine ( SVM )を選択します。

  3. 変更するボリュームを選択し、 * 編集 * をクリックします。

  4. Edit Data Protection Volume * (データ保護ボリュームの編集)ダイアログボックスで、ボリューム名を変更します。

  5. Enable Storage Efficiency * オプションが選択されていることを確認します。

    ボリュームで Storage Efficiency がすでに有効になっている場合、このチェックボックスはデフォルトで選択されます。

  6. [ 詳細設定 *] タブをクリックして、次の手順を実行します。

    1. ボリュームに割り当てるキャッシングポリシーを選択します。

    2. ボリュームのキャッシュデータの保持優先度を選択します。

    これらのオプションは、 Flash Pool アグリゲートに含まれるデータ保護 FlexVol に対してのみ使用できます。

  7. [ 保存( Save ) ] をクリックします。