日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

System Manager ONTAP 9.7 以前を使用して SnapLock ボリュームを作成します

System Manager クラシック( ONTAP 9.7 以前で使用可能)を使用して、 SnapLock Compliance ボリュームまたは SnapLock Enterprise ボリュームを作成できます。ボリュームの作成時に、保持期間を設定したり、ボリュームのデータを自動的に WORM 状態に設定するかどうかを選択したりすることもできます。

作業を開始する前に
  • SnapLock ライセンスがインストールされている必要があります。

  • SnapLock アグリゲートがオンラインになっている必要があります。

  • 暗号化されたボリュームを作成するには、 System Manager を使用してボリューム暗号化ライセンスをインストールし、コマンドラインインターフェイス( CLI )を使用して「 key-manager setup 」を有効にしておく必要があります。

    「 key-manager setup 」を有効にした後、 Web ブラウザを更新する必要があります。

このタスクについて
  • SnapLock Enterprise ボリューム全体または SnapLock Enterprise ボリュームのファイルは削除できますが、 SnapLock Enterprise ボリュームのファイル内のデータだけを削除することはできません。

  • データがボリュームにコミットされている場合、 SnapLock Compliance ボリュームは削除できません。

  • Cloud Volumes ONTAP のボリュームは暗号化できません。

  • デスティネーションクラスタで ONTAP 9.3 より前のバージョンの ONTAP ソフトウェアが実行されている場合、ソースボリュームで暗号化が有効になっていても、デスティネーションボリュームではデフォルトで暗号化が無効になります。

手順
  1. [* ストレージ > ボリューム *] をクリックします。

  2. [* 作成 > FlexVol の作成 *] をクリックします。

  3. ボリュームを作成する Storage Virtual Machine ( SVM )を参照して選択します。

  4. ボリュームのデフォルト名を変更する場合は、 * Create Volume * (ボリュームの作成)ダイアログボックスで新しい名前を指定します。

    SnapLock Compliance ボリュームの名前は、作成後に変更することはできません。

  5. ボリュームのコンテナアグリゲートを選択します。

    SnapLock ボリュームを作成するには、 SnapLock Compliance アグリゲートまたは SnapLock Enterprise アグリゲートを選択する必要があります。ボリュームの SnapLock タイプ SnapLock はアグリゲートから継承され、ボリュームの作成後は変更できないため、適切なアグリゲートを選択する必要があります。

  6. ボリュームの暗号化を有効にするには、 * Volume Encryption * チェックボックスを選択します。

    このオプションを使用できるのは、ボリューム暗号化ライセンスを有効にした場合のみです。また、対応するプラットフォームで暗号化がサポートされている必要があります。

  7. このボリュームを作成するストレージのタイプを選択します。

    SnapMirror デスティネーションボリュームを作成する場合は、「 * データ保護 * 」を選択する必要があります。このボリュームへの読み取り専用アクセスが許可されます。

  8. ボリュームのサイズと、 Snapshot コピー用にリザーブする合計ボリュームサイズの割合を指定します。

    Snapshot コピー用にデフォルトで予約されているスペースは、 SAN ボリュームと VMware ボリュームについては 0% です。NAS ボリュームについては、デフォルトでは 5% です。

  9. ボリュームのシンプロビジョニングを有効にするには、「 * Thin Provisioned * 」を選択します。

    シンプロビジョニングが有効になっている場合は、ボリュームにデータが書き込まれたときにのみ、アグリゲートからボリュームにスペースが割り当てられます。

  10. Storage Efficiency * タブで必要な変更を行って、ボリュームで重複排除を有効にします。

    System Manager では、デフォルトの重複排除スケジュールが使用されます。指定したボリュームサイズが重複排除の実行が可能な最大サイズよりも大きい場合、ボリュームは作成されますが、重複排除は有効になりません。

  11. [*SnapLock *] タブを選択し、次の手順を実行します。

    1. 自動コミット期間を指定します。

      ボリューム内のファイルに変更がなかった場合に WORM 状態にコミットされるまでの期間です。ファイルを手動で WORM 状態に設定するには、自動コミット設定として「 * not specified * 」を選択する必要があります。

    値は 5 分から 10 年の範囲で指定する必要があります。

    1. 最小保持期間と最大保持期間を指定します。

      値は 1~70 年、または Infinite Volume の範囲で指定する必要があります。

    2. デフォルトの保持期間を選択します。

      デフォルトの保持期間は、最小保持期間と最大保持期間の間の値に設定します。

  12. ワークロードのパフォーマンスを管理するために FlexVol ボリュームのストレージ QoS を有効にするには、「サービス品質」タブで「サービス品質の管理」チェックボックスを選択します。

  13. ストレージ QoS ポリシーグループを作成するか、または既存のポリシーグループを選択して、 FlexVol の入出力( I/O )のパフォーマンスを制御します。

    状況 手順

    ストレージ QoS ポリシーグループを作成する

    1. [ 新しいポリシーグループ *] を選択します。

    2. ポリシーグループの名前を指定します。

    3. 最小スループット制限を指定します。

      • System Manager 9.5 では、パフォーマンスがオールフラッシュで最適化されている場合にのみ最小スループット制限を設定できます。System Manager 9.6 では、 ONTAP Select Premium システムにも最小スループット制限を設定できます。

      • FabricPool 対応アグリゲートでは、ボリュームの最小スループット制限を設定することはできません。

      • 最小スループット値を指定しない場合、または最小スループット値が 0 に設定されている場合は、自動的に「なし」という値が表示されます。

        この値では大文字と小文字が区別されます。

    4. 最大スループット制限を指定します。ポリシーグループに含まれるオブジェクトのワークロードがこのスループット制限を超えないように制限されます。

      • 最小スループット制限と最大スループット制限の単位は同じにする必要があります。

      • 最小スループット制限を指定しない場合は、 IOPS 、 B/ 秒、 KB/ 秒、 MB/ 秒などの単位で最大スループット制限を設定できます。

      • 最大スループット値を指定しない場合は ' 自動的に値として無制限が表示されます

        この値では大文字と小文字が区別されます。指定した単位は無視されます。

    既存のポリシーグループを選択してください

    1. [ ポリシーグループの選択 ] ダイアログボックスで、 [ 既存のポリシーグループ ] を選択し、 [*Choose] をクリックして既存のポリシーグループを選択します。

    2. 最小スループット制限を指定します。

      • System Manager 9.5 では、パフォーマンスがオールフラッシュで最適化されている場合にのみ最小スループット制限を設定できます。System Manager 9.6 では、 ONTAP Select Premium システムにも最小スループット制限を設定できます。

      • FabricPool 対応アグリゲートでは、ボリュームの最小スループット制限を設定することはできません。

      • 最小スループット値を指定しない場合、または最小スループット値が 0 に設定されている場合は、自動的に「なし」という値が表示されます。

        この値では大文字と小文字が区別されます。

    3. 最大スループット制限を指定します。ポリシーグループに含まれるオブジェクトのワークロードがこのスループット制限を超えないように制限されます。

      • 最小スループット制限と最大スループット制限の単位は同じにする必要があります。

      • 最小スループット制限を指定しない場合は、 IOPS 、 B/ 秒、 KB/ 秒、 MB/ 秒などの単位で最大スループット制限を設定できます。

      • 最大スループット値を指定しない場合は ' 自動的に値として無制限が表示されます

        この値では大文字と小文字が区別されます。指定した単位は無視されます。

      ポリシーグループが複数のオブジェクトに割り当てられている場合、指定した最大スループットはそれらのオブジェクトの合計スループットです。

  14. ボリュームを保護するには、 * 保護 * タブで * ボリューム保護 * を有効にします。

  15. [* 保護 ] タブで、 [ レプリケーション *] タイプを選択します。

    選択したレプリケーションタイプ 手順

    非同期

    1. * オプション: * レプリケーションタイプと関係タイプがわからない場合は、 * ヘルプ ME 選択 * をクリックし、値を指定して、 * 適用 * をクリックします。

    2. 関係タイプを選択します。

      関係タイプは、ミラー、バックアップ、ミラーとバックアップのいずれかです。

    3. デスティネーションボリュームのクラスタと SVM を選択します。

      選択したクラスタで ONTAP 9.3 より前のバージョンの ONTAP ソフトウェアが実行されている場合、ピア関係が設定された SVM だけが表示されます。選択したクラスタで ONTAP 9.3 以降が実行されている場合は、ピア関係が設定された SVM と許可された SVM が表示されます。

    4. ボリューム名サフィックスを必要に応じて変更します。

    同期

    1. * オプション: * レプリケーションタイプと関係タイプがわからない場合は、 * ヘルプ ME 選択 * をクリックし、値を指定して、 * 適用 * をクリックします。

    2. 同期ポリシーを選択します。

      同期ポリシーは、 StrictSync または Sync のいずれかです。

    3. デスティネーションボリュームのクラスタと SVM を選択します。

      選択したクラスタで ONTAP 9.3 より前のバージョンの ONTAP ソフトウェアが実行されている場合、ピア関係が設定された SVM だけが表示されます。選択したクラスタで ONTAP 9.3 以降が実行されている場合は、ピア関係が設定された SVM と許可された SVM が表示されます。

    4. ボリューム名サフィックスを必要に応じて変更します。

  16. [ 作成( Create ) ] をクリックします。

  17. 作成したボリュームが * Volume * ウィンドウのボリュームリストに含まれていることを確認します。

このボリュームは、 UNIX 形式のセキュリティと、所有者に対する UNIX 700 の「 read write execute 」権限で作成されます。