日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

CLI を使用してクラスタにノードを追加します

寄稿者 NetAppZacharyWambold

新しく取り付けたコントローラモジュールの準備ができたら 'cluster setup コマンドを使用して ' 各モジュールをクラスタに追加できます

このタスクについて
  • この手順は両方のノードで実行する必要があります。

  • ノードは同時にではなく 1 つずつ追加する必要があります。

手順
  1. CLI プロンプトで cluster setup コマンドを使用して ' クラスタ・セットアップ・ウィザードを起動します

    ::> cluster setup
    
    Welcome to the cluster setup wizard....
    
    Use your web browser to complete cluster setup by accessing
    https://10.63.11.29
    
    Otherwise, press Enter to complete cluster setup using the
    command line interface:
    注記

    GUI ベースのクラスタセットアップウィザードを使用する手順については、を参照してください System Manager を使用したクラスタへのノードの追加

  2. CLI を使用してこの作業を完了するには、 Enter キーを押します。新しいクラスタを作成するか ' 既存のクラスタに参加するかを確認するメッセージが表示されたら 'join' と入力します

    Do you want to create a new cluster or join an existing cluster? {create, join}:
    join
  3. 既存のクラスタ・インターフェイス構成のプロンプトが表示されたら、 Enter キーを押して受け入れます。

    Existing cluster interface configuration found:
    
    Port    MTU     IP              Netmask
    e1a     9000    169.254.87.75   255.255.0.0
    
    Do you want to use this configuration? {yes, no} [yes]:
  4. プロンプトに従って既存のクラスタに追加します。

    Step 1 of 3: Join an Existing Cluster
    You can type "back", "exit", or "help" at any question.
    
    Enter the name of the cluster you would like to join [cluster1]: cluster1
    
    Joining cluster cluster1
    
    Starting cluster support services ..
    
    This node has joined the cluster cluster1.
    
    Step 2 of 3: Configure Storage Failover (SFO)
    You can type "back", "exit", or "help" at any question.
    
    SFO will be enabled when the partner joins the cluster.
    
    Step 3 of 3: Set Up the Node
    
    Cluster setup is now complete.

    ノードは、クラスタの名前に合わせて自動的に名前が変更されます。

  5. クラスタ上で 'cluster show コマンドを使用して ' ノードがクラスタの一部であることを確認します

    cluster1::> cluster show
    Node                  Health  Eligibility
    --------------------- ------- ------------
    cluster1-1            true    true
    cluster1-2            true    true
    cluster1-3            true    true
    3 entries were displayed.
  6. 手順を繰り返します #step_3D8223C5AC7145EE8C9A9397270D0610 から #step_F6678CB6B1A94AF08F86F83BA8BA8E35 をクリックします。

    2 つ目のノードでは、クラスタセットアップウィザードの次の点が異なります。

    • パートナーがすでにクラスタに属しているため、デフォルトで既存のクラスタに追加されます。

    • 両方のノードでストレージフェイルオーバーが自動的に有効になります。

  7. 「 storage failover show 」コマンドを使用して、ストレージフェイルオーバーが有効になっていて実行可能であることを確認します。

    次の出力は、新しく追加したノードを含むクラスタのすべてのノードで、ストレージフェイルオーバーが有効かつ実行可能であることを示しています。

    cluster1::> storage failover show
                                  Takeover
    Node           Partner        Possible State
    -------------- -------------- -------- -------------------------------------
    cluster1-1     cluster1-2     true     Connected to cluster1-2
    cluster1-2     cluster1-1     true     Connected to cluster1-1
    cluster1-3     cluster1-4     true     Connected to cluster1-3
    cluster1-4     cluster1-3     true     Connected to cluster1-4
    4 entries were displayed.