日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

拡張したクラスタの構成を検証

クラスタを拡張したら、 Config Advisor を実行し、クラスタの健全性とクラスタレプリケーションリングを確認するコマンドを使用して、構成を検証する必要があります。

手順
  1. Config Advisor を実行して構成の健全性を確認します。

    1. Config Advisor を起動し、 * データ収集 * をクリックします。

      Config Advisor に、見つかった問題が表示されます。

    2. 問題が見つかった場合は、解決してからツールを再実行します。

  2. cluster show コマンドを使用して ' クラスタ内のすべてのノードが正常な状態であることを確認します

    cluster-1::> cluster show
    Node                  Health  Eligibility
    --------------------- ------- ------------
    cluster1-1            true    true
    cluster1-2            true    true
    cluster1-3            true    true
    cluster1-4            true    true
    4 entries were displayed.
  3. クラスタレプリケーションリングが、クラスタ内のすべてのノードで同じエポック、データベースエポック、およびデータベーストランザクション番号を使用していることを確認します。

    トランザクション番号を比較する最も簡単な方法は、一度に 1 つのユニット名について表示することです。

    1. 「 set -privilege advanced 」コマンドを使用して、権限レベルを advanced に設定します。

    2. 「 -unitname mgmt 」パラメータを指定して「 cluster ring show 」コマンドを実行して、最初のユニット名に関するクラスタリング情報を表示し、 Epoch 、 DB Epoch 、 DB Trnxs の各列の数値がすべてのノードで同じであることを確認します。

      cluster-1::*> cluster ring show -unitname mgmt
      Node      UnitName Epoch    DB Epoch DB Trnxs Master    Online
      --------- -------- -------- -------- -------- --------- ---------
      cluster1-1
                mgmt     2        2        959      cluster1-1
                                                              master
      cluster1-2
                mgmt     2        2        959      cluster1-2
                                                              secondary
      cluster1-3
                mgmt     2        2        959      cluster1-3
                                                              master
      cluster1-4
                mgmt     2        2        959      cluster1-3
                                                              secondary
      4 entries were displayed.
    3. -unitname vldb パラメータを指定してコマンドを繰り返します。

    4. -unitname vifmgr パラメータを指定してコマンドを繰り返します。

    5. コマンドに -unitname bcomd' パラメータを指定して繰り返します

    6. -unitname crs パラメータを指定してコマンドを繰り返します。

    7. 「 set -privilege admin 」コマンドを使用して、特権レベルを admin に戻します。