日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

System Manager - ONTAP 9.7 以前を使用してアグリゲートを作成する際に RAID 構成を変更します

アグリゲートを作成する際、 ONTAP の System Manager クラシック( ONTAP 9.7 以前で使用可能)を使用して、アグリゲートの RAID タイプオプションと RAID グループサイズオプションのデフォルト値を変更できます。

アグリゲートディスクのディスクタイプが FSAS または MSATA で、ディスクサイズが 10TB 以上の場合、選択できる RAID タイプは RAID-TEC のみです。

手順
  1. 次のいずれかの方法を選択します。

    • [* アプリケーションと階層 > ストレージ階層 *] をクリックします。

    • Storage * > * Aggregates & Disks * > * Aggregates * の順にクリックします

  2. [ ストレージ階層 * ] ウィンドウで、 [ アグリゲートの追加 ] をクリックします。

  3. Create Aggregate * (アグリゲートの作成)ダイアログボックスで、次の手順を実行します。

    1. [ 変更( Change ) ] をクリックします。

    2. RAID 構成の変更 * ダイアログボックスで、 RAID タイプと RAID グループサイズを指定します。

      共有ディスクでは、 RAID DP と RAID-TEC の 2 つの RAID タイプがサポートされます。

    推奨される RAID グループサイズは HDD の場合が 12~20 ディスク、 SSD の場合が 20~28 ディスクです。

    1. [ 保存( Save ) ] をクリックします。