日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ストレージ QoS にボリュームを割り当てます

寄稿者 netapp-ivanad

FlexVol ボリュームと FlexGroup ボリュームをストレージ QoS ポリシーグループに割り当てることで、それらのボリュームのスループットを制限することができます。System Manager を使用して、新しいボリュームに対するストレージ QoS を割り当てたり、すでにポリシーグループに割り当てられているボリュームに対するストレージ QoS の詳細を変更したりできます。

このタスクについて
  • ストレージ QoS を割り当てることができるのは、オンラインの読み書き可能( rw )ボリュームだけです。

  • ポリシーグループに次のストレージオブジェクトが割り当てられている場合、ボリュームにストレージ QoS を割り当てることはできません。

    • ボリュームの親 Storage Virtual Machine ( SVM )

    • ボリュームの子 LUN

    • ボリュームの子ファイル

  • ストレージ QoS の割り当てや QoS の詳細の変更は、最大 10 個のボリュームについて同時に実行できます。

手順
  1. [* ストレージ > ボリューム *] をクリックします。

  2. SVM * フィールドのドロップダウンメニューで、 * すべての SVM * を選択します。

  3. ストレージ QoS を割り当てるボリュームを 1 つ以上選択します。

  4. その他の操作 * > * ストレージ QoS * をクリックします。

  5. FlexVol ボリュームのワークロードパフォーマンスを管理する場合は、サービス品質の詳細 * ダイアログボックスで、サービス品質の管理 * チェックボックスを選択します。

    選択したボリュームの一部がすでにポリシーグループに割り当てられている場合、変更内容によってはそれらのボリュームのパフォーマンスに影響する可能性があります。

  6. 新しいストレージ QoS ポリシーグループを作成するか、既存のポリシーグループを選択して、 FlexVol の入出力( I/O )のパフォーマンスを制御します。

    状況 手順

    新しいポリシーグループを作成します

    1. [ 新しいポリシーグループ *] を選択します。

    2. ポリシーグループの名前を指定します。

    3. 最小スループット制限を指定します。

      • System Manager 9.5 では、パフォーマンスがオールフラッシュで最適化されている場合にのみ最小スループット制限を設定できます。System Manager 9.6 では、 ONTAP Select Premium システムにも最小スループット制限を設定できます。

      • FabricPool 対応アグリゲートでは、ボリュームの最小スループット制限を設定することはできません。

      • 最小スループット値を指定しない場合、または最小スループット値が 0 に設定されている場合は、自動的に「なし」という値が表示されます。

        この値では大文字と小文字が区別されます。

    4. 最大スループット制限を指定します。ポリシーグループに含まれるオブジェクトのワークロードがこのスループット制限を超えないように制限されます。

      • 最小スループット制限と最大スループット制限の単位は同じにする必要があります。

      • 最小スループット制限を指定しない場合は、 IOPS 、 B/ 秒、 KB/ 秒、 MB/ 秒などの単位で最大スループット制限を設定できます。

      • 最大スループット値を指定しない場合は ' 自動的に値として無制限が表示されます

        この値では大文字と小文字が区別されます。指定した単位は無視されます。

    既存のポリシーグループを選択してください

    1. [ ポリシーグループの選択 ] ダイアログボックスで、 [ 既存のポリシーグループ ] を選択し、 [*Choose] をクリックして既存のポリシーグループを選択します。

    2. 最小スループット制限を指定します。

      • System Manager 9.5 では、パフォーマンスがオールフラッシュで最適化されている場合にのみ最小スループット制限を設定できます。System Manager 9.6 では、 ONTAP Select Premium システムにも最小スループット制限を設定できます。

      • FabricPool 対応アグリゲートでは、ボリュームの最小スループット制限を設定することはできません。

      • 最小スループット値を指定しない場合、または最小スループット値が 0 に設定されている場合は、自動的に「なし」という値が表示されます。

        この値では大文字と小文字が区別されます。

    3. 最大スループット制限を指定します。ポリシーグループに含まれるオブジェクトのワークロードがこのスループット制限を超えないように制限されます。

      • 最小スループット制限と最大スループット制限の単位は同じにする必要があります。

      • 最小スループット制限を指定しない場合は、 IOPS 、 B/ 秒、 KB/ 秒、 MB/ 秒などの単位で最大スループット制限を設定できます。

      • 最大スループット値を指定しない場合は ' 自動的に値として無制限が表示されます

        この値では大文字と小文字が区別されます。指定した単位は無視されます。

      ポリシーグループが複数のオブジェクトに割り当てられている場合、指定した最大スループットはそれらのオブジェクトの合計スループットです。

  7. 選択したボリュームのリストを確認する場合は、ボリューム数を指定するリンクをクリックし、リストからボリュームを削除する場合は「 * 破棄」をクリックします。

    このリンクは、複数のボリュームを選択した場合にのみ表示されます。

  8. [OK] をクリックします。