日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

System Manager - ONTAP 9.7 以前のバージョンでの FlexVol のボリュームギャランティについて

System Manager クラシック( ONTAP 9.7 以前で使用可能)を使用して、 FlexVol ボリュームのボリュームギャランティを設定できます。ボリュームギャランティ( _ スペースギャランティ _ とも呼ばれます)の設定により、ボリュームのスペースを包含アグリゲートから割り当てる方法が決まります。ボリュームに対してスペースを事前に割り当てるか、または事前割り当てを行わないオプションがあります。

ギャランティ設定はボリュームの属性です。

ギャランティは、新しいボリュームを作成するときに設定します。また、新しいギャランティ用の十分な空きスペースがある場合、既存のボリュームのギャランティを変更することもできます。

ボリューム・ギャランティ・タイプには 'volume` ( デフォルト・タイプ ) または 'none' を指定できます

  • ギャランティタイプを「 volume 」にすると、ボリュームの作成時に、アグリゲートのスペースがボリューム全体に割り当てられます。そのスペースがまだデータに使用されているかどうかは考慮されません。

    割り当てられたスペースは、アグリゲート内の他のボリュームには割り当てることはできません。

  • ギャランティを「 none 」にすると、ボリュームで必要になったときにのみアグリゲートからスペースが割り当てられます。

    このギャランティタイプのボリュームで使用されるスペースの量は、ボリュームの初期サイズで決まるのではなく、データが追加されるに従って増えていきます。ボリュームのデータが初期サイズに達しないかぎり、スペースは未使用のままになります。ギャランティが「 none 」に設定されたボリュームの最大サイズは、アグリゲート内の空きスペースの量に制限されません。アグリゲートに関連付けられたすべてのボリュームの合計サイズがアグリゲートの空きスペースの量を超えることがありますが、実際に使用できるスペースの量はアグリゲートのサイズによって制限されます。

    書き込みに対応できる十分なスペースが包含アグリゲートにない場合、そのボリュームに格納された LUN またはファイル(スペースがリザーブされた LUN およびファイルを含む)への書き込みが失敗することがあります。

アグリゲート内のスペースが既存のボリュームの「 volume 」ギャランティ用に割り当てられている場合、ボリュームがまだスペースを使用していなくても、そのスペースはアグリゲート内で空きスペースとみなされません。アグリゲート Snapshot コピーの作成や包含アグリゲートでの新しいボリュームの作成など、アグリゲートの空きスペースを消費する操作は、そのアグリゲートに十分な空きスペースがある場合にのみ行うことができます。これらの操作では、すでに別のボリュームに割り当てられているスペースを使用できません。

アグリゲートの空きスペースを使い果たした場合、成功が保証されるのは、そのアグリゲート内のスペースが事前に割り当てられているボリュームまたはファイルへの書き込みだけです。

ギャランティはオンラインボリュームについてのみ適用されます。ボリュームをオフラインにした場合、そのボリュームに対して割り当てられた未使用のスペースは、そのアグリゲート内の他のボリュームで使用可能になります。ボリュームを再びオンラインにするときに、そのギャランティに対応できるだけの十分なスペースがアグリゲートにないと、ボリュームはオフラインのままになります。ボリュームを強制的にオンラインにする必要があります。その時点でボリュームのギャランティは無効になります。

  • 関連情報 *