日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

System Manager とクラスタピア - ONTAP 9.7 以前

ONTAP System Manager クラシック( ONTAP 9.7 以前で使用可能)を使用して、 2 つのクラスタをピアリングし、ピアクラスタ間でリソースを調整および共有できるようにすることができます。SnapMirror テクノロジと SnapVault テクノロジを使用したデータレプリケーションや、 MetroCluster 構成で FlexCache ボリュームと SyncMirror テクノロジを使用したデータレプリケーションを行うには、クラスタ間にピア関係を設定することが必要になります。

ピアリングパスフレーズを生成

System Manager 9.6 以降では、ローカルクラスタの IPspace のパスフレーズを生成し、リモートクラスタでピア関係を作成するときに同じパスフレーズを使用できます。

手順
  1. [ * Configuration * ] > [* Cluster Peers* ] をクリックします。

  2. [Generate Peering Passphrase]( ピアリングパスフレーズの生成 ) を

    [Generate Peering Passphrase] ダイアログウィンドウが表示されます。

  3. 次のフィールドを設定します。

    • * IPspace * :プルダウンメニューから IPspace を選択します。

    • * パスフレーズの有効期限 * :パスフレーズを有効にする期間をドロップダウンメニューから選択します。

    • * SVM 権限 * :次のいずれかを選択します。

      • * すべての SVM * :クラスタへのアクセスをすべての SVM に許可します。

      • * 選択した SVM * 。クラスタへのアクセスを許可する SVM を指定します。指定するフィールドで SVM 名を選択します。

  4. リモートクラスタの有効なクラスタバージョンが ONTAP 9.6 より前の場合はチェックボックスを選択します。選択しないとクラスタピアリングが生成されません。

  5. [*Generate] をクリックしてパスフレーズを生成します。

    生成が完了すると、パスフレーズが記載されたメッセージが表示されます。

  6. パスフレーズを E メールで送信するかコピーする場合は、次のいずれかを実行します。

    • [ * 電子メールパスフレーズの詳細を送信する * ] をクリック

    • [* パスフレーズのコピー * ] をクリックします。

クラスタピアパスフレーズを変更します

クラスタピアの作成時に作成されたパスフレーズを変更できます。

手順
  1. [ * Configuration * ] > [* Cluster Peers* ] をクリックします。

  2. ピアクラスタを選択し、 * Edit * をクリックします

    ドロップダウンメニューが表示されます。

  3. [ ローカルクラスタのパスフレーズ ] をクリックします。

    Edit Local Cluster Passphrase (ローカルクラスタのパスフレーズの編集)ダイアログウィンドウが表示

  4. [ パスフレーズの入力 *] フィールドに新しいパスフレーズを入力し、 [ 適用 *] をクリックします。

    注記

    パスフレーズは 8 文字以上で指定する必要があります。

    パスフレーズはすぐに変更されます。ただし、正しい認証ステータスが表示されるまでに時間がかかることがあります。

  5. リモートクラスタにログインし、手順を実行します 1. から 4. リモートクラスタでパスフレーズを変更してください。

    リモートクラスタでパスフレーズを変更するまで、ローカルクラスタの認証ステータスは「 ok_and_offer 」と表示されます。

リモートクラスタ用に設定されている LIF を変更します

System Manager を使用して、リモートクラスタ用に設定されている IPspace およびクラスタ間論理インターフェイス( LIF )を変更できます。クラスタ間 IP アドレスの新規追加や既存の IP アドレスの削除が可能です。

クラスタピア関係を作成するためには、クラスタ間 IP アドレスが少なくとも 1 つ必要です。

手順
  1. [ * Configuration * ] > [* Cluster*] > [* Configuration Updates* ] をクリックします。

  2. ピアクラスタを選択し、 * Edit * をクリックします

    ドロップダウンメニューが表示されます。

  3. [* Peer Cluster Network Parameters* (ピアクラスタネットワークパラメータ * ) ] をクリック

    [Edit Peer Network Parameters] ダイアログボックスが表示されます。

  4. 必要に応じて、次のフィールドを変更します。

    • * IPspace * :プルダウンメニューから IPspace を選択します。

    • * インタークラスタ LIF * :クラスタ間 IP アドレスを追加または削除します。複数の IP アドレスを追加する場合は、カンマで区切ります。

  5. * 変更 * をクリックします。

  6. [Cluster Peers (クラスタピア * ) ] ウィンドウで行った変更を確認します。

ピアリングの暗号化ステータスを変更します

System Manager を使用して、選択したクラスタのピアリングの暗号化ステータスを変更できます。

暗号化ステータスは有効または無効にできます。[ 有効 ] から [ 無効 ] または [ 無効 ] から [ 有効 ] にステータスを変更するには、 [ * 暗号化の変更 * ] を選択します。

手順
  1. [ * Configuration * ] > [* Cluster Peers* ] をクリックします。

  2. ピアクラスタを選択し、 * Edit * をクリックします

    ドロップダウンメニューが表示されます。

  3. [ * 暗号化の変更 * ] をクリックします。

    暗号化ステータスが「 N/A 」の場合、このアクションは使用できません。

    [ 暗号化の変更 ] ダイアログボックスが表示されます。現在の暗号化ステータスがボタンに表示されます。

  4. ボタンをスライドしてピアリングの暗号化ステータスを変更し、次に進みます。

    • 現在の暗号化ステータスが「 none 」の場合は、トグルボタンをスライドしてステータスを「 tls_psk 」に変更することで暗号化を有効にできます。

    • 現在の暗号化ステータスが「 TLS_PSK 」の場合は、トグルボタンをスライドしてステータスを「 none 」に変更することで暗号化を無効にできます。

  5. ピアリングの暗号化を有効または無効にしたら、新しいパスフレーズを生成してピアクラスタで指定するか、ピアクラスタで生成済みの既存のパスフレーズを適用することができます。

    注記

    ローカルサイトで使用しているパスフレーズがリモートサイトで使用しているパスフレーズと一致しないと、クラスタピア関係は正しく機能しません。

    次のいずれかを選択します。

  6. [Generate a passphrase (パスフレーズの生成) ] を選択した場合は、必要なフィールドに入力します

    • * IPspace * :ドロップダウンメニューから IPspace を選択します。

    • * パスフレーズの有効期限 * :パスフレーズを有効にする期間をドロップダウンメニューから選択します。

    • * SVM 権限 * :次のいずれかを選択します。

      • * すべての SVM * 。すべての SVM にクラスタへのアクセスを許可します。

      • * 選択した SVM * 。クラスタへのアクセスを許可する SVM を指定します。指定するフィールドで SVM 名を選択します。

  7. リモートクラスタの有効なクラスタバージョンが ONTAP 9.6 より前の場合はチェックボックスを選択します。選択しないとパスフレーズの生成が失敗します。

  8. [ 適用( Apply ) ] をクリックします。

    関係のパスフレーズが生成されて表示されます。パスフレーズはコピーするか E メールで送信することができます。

    リモートクラスタでパスフレーズを指定するまで、ローカルクラスタの認証ステータスは、選択したパスフレーズの有効期間に「 ok_and_offer 」と表示されます。

  9. リモートクラスタで新しいパスフレーズを生成済みの場合は、次の手順を実行します。

    1. [ * 既存のパスフレーズを使用する * ] をクリックします。

    2. 「 * Passphrase * 」フィールドに、リモートクラスタで生成されたパスフレーズと同じパスフレーズを入力します。

    3. [ 適用( Apply ) ] をクリックします。

クラスタピア関係を削除します

System Manager を使用して、不要になったクラスタピア関係を削除できます。クラスタピア関係は、ピア関係にある各クラスタから削除する必要があります。

手順
  1. [ * Configuration * ] > [* Cluster Peers* ] をクリックします。

  2. 関係を削除するクラスタピアを選択し、 * Delete * をクリックします。

  3. 確認のチェックボックスをオンにし、 * 削除 * をクリックします。

  4. リモートクラスタにログインし、手順を実行します 1. から 3. ローカルクラスタとリモートクラスタ間のピア関係を削除します。

    ローカルクラスタとリモートクラスタの両方から関係が削除されるまで、ピア関係のステータスは「 unhealthy 」と表示されます。

クラスタピアウィンドウ

クラスタピアウィンドウを使用してピアクラスタ関係を管理し、クラスタ間でデータを移動できます。

コマンドボタン

  • * 作成 * 。

    クラスタピアリングの作成ダイアログボックスを開きます。このダイアログボックスで、リモートクラスタとの関係を作成できます。

  • * 編集 * 。

    ドロップダウンメニューに次のオプションが表示されます。

    • * ローカルクラスタのパスフレーズ *

      Edit Local Cluster Passphrase (ローカルクラスタのパスフレーズの編集)ダイアログボックスを開きます。このダイアログボックスで、ローカルクラスタを検証する新しいパスフレーズを入力できます。

    • * ピアクラスタのネットワークパラメータ *

      Edit Peer Cluster Network Parameters ダイアログボックスを開きます。このダイアログボックスで、 IPspace を変更したり、クラスタ間 LIF の IP アドレスを追加または削除したりできます。

      複数の IP アドレスを追加する場合は、カンマで区切ります。

    • * 暗号化の変更 *

      選択したピアクラスタの Change Encryption ダイアログボックスを開きます。ピア関係の暗号化を変更した場合、新しいパスフレーズを生成してピアクラスタで指定するか、ピアクラスタで生成済みの既存のパスフレーズを指定することができます。

    暗号化ステータスが「 N/A 」の場合、このアクションは使用できません。

  • * 削除 *

    クラスタピア関係の削除ダイアログボックスを開きます。このダイアログボックスで、選択したピアクラスタ関係を削除できます。

  • * 更新 *

    ウィンドウ内の情報を更新します。

  • * SVM の権限の管理 *

    SVM で SVM ピア要求を自動的に承認できます。

  • * ピアリングパスフレーズの生成 *

    IPspace 、パスフレーズの有効期限、および権限を付与する SVM を指定して、ローカルクラスタの IPspace のパスフレーズを生成できます。

    リモートクラスタでも同じピアリングパスフレーズを使用します。

ピアクラスタリスト

  • * ピアクラスタ *

    関係内のピアクラスタの名前を示します。

  • * 利用可能性 *

    ピアクラスタを通信に使用できるかどうかを示します。

  • * 認証ステータス *

    ピアクラスタが認証済みかどうかを示します。

  • * ローカルクラスタ IPspace *

    ローカルクラスタピア関係に関連付けられている IPspace が表示されます。

  • * ピアクラスタのクラスタ間 IP アドレス *

    クラスタ間ピア関係に関連付けられている IP アドレスが表示されます。

  • * 最終更新日時 *

    ピアクラスタが最後に変更された日時が表示されます。

  • * 暗号化 *

    ピア関係の暗号化ステータスが表示されます。

    注記

    System Manager 9.6 以降では、 2 つのクラスタ間にピア関係を確立する際、デフォルトでピア関係が暗号化されます

    • * N/A * :暗号化は関係に適用されません。

    • * none * :ピア関係は暗号化されません。

    • * tls_psk * :ピア関係は暗号化されています。