日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ソース SVM からバックアップ関係を作成

寄稿者 NetAppZacharyWambold netapp-ivanad

System Manager を使用して、バックアップ関係をソース Storage Virtual Machine ( SVM )から作成し、そのバックアップ関係にバックアップポリシーを割り当てて SnapVault を作成することができます。システムでデータの消失や破損が発生した場合、 SnapVault デスティネーションからバックアップデータをリストアできます。

作業を開始する前に
  • ソースクラスタとデスティネーションクラスタの両方で SnapVault ライセンスまたは SnapMirror ライセンスが有効になっている必要があります。

    注記

    [+]

    -   For some platforms, it is not mandatory for the source cluster to have the SnapVault license or the SnapMirror license enabled if the destination cluster has the SnapVault license or the SnapMirror license, and the Data Protection Optimization \(DPO\) license enabled.
    -   After the DPO license is enabled on the destination cluster, you must refresh the browser of the source cluster to enable the `Protect` option.

    [+]

  • ソースクラスタとデスティネーションクラスタ、およびソース SVM とデスティネーション SVM で正常なピア関係が確立されている必要があります。

  • デスティネーションアグリゲートの使用可能なスペースを確保する必要があります。

  • ソースアグリゲートとデスティネーションアグリゲートはどちらも 64 ビットである必要があります。

  • バックアップ( XDP )ポリシーが存在する必要があります。

    バックアップポリシーが存在しない場合は、新規に作成するか、自動的に割り当てられるデフォルトのバックアップポリシー( XDPDefault )を使用する必要があります。

  • FlexVol ボリュームがオンラインであり、タイプが読み書き可能である必要があります。

  • SnapLock アグリゲートのタイプが同じである必要があります。

  • 一度に保護できるボリュームは最大 25 個です。

  • ONTAP 9.2 以前のバージョンを実行しているクラスタから Security Assertion Markup Language ( SAML )認証が有効になっているリモートクラスタに接続する場合は、リモートクラスタでパスワードベースの認証を有効にする必要があります。

このタスクについて
  • System Manager ではカスケード関係はサポートされません。

    たとえば、関係のデスティネーションボリュームを別の関係のソースボリュームにすることはできません。

  • ロックのバックアップ関係は、 SnapLock 以外のボリューム(プライマリ)と SnapLock のデスティネーションボリューム(セカンダリ)の間でのみ作成できます。

  • デスティネーションクラスタで ONTAP 9.3 より前のバージョンの ONTAP ソフトウェアが実行されている場合、ソースボリュームで暗号化が有効になっていても、デスティネーションボリュームではデフォルトで暗号化が無効になります。

手順
  1. [* ストレージ > ボリューム *] をクリックします。

  2. SVM * フィールドのドロップダウンメニューで、 * すべての SVM * を選択します。

  3. バックアップ関係を作成するボリュームを選択し、 * その他の操作 * > * 保護 * をクリックします。

    Protect * オプションは、読み書き可能ボリュームに対してのみ使用できます。

  4. * Replication * タイプを選択します。

    選択したレプリケーションタイプ 手順

    非同期

    1. * オプション: * レプリケーションタイプと関係タイプがわからない場合は、 * ヘルプ ME 選択 * をクリックし、値を指定して、 * 適用 * をクリックします。

    2. 関係タイプを選択します。

      関係タイプは、ミラー、バックアップ、ミラーとバックアップのいずれかです。

    3. クラスタと SVM を選択します。

      選択したクラスタで ONTAP 9.3 より前のバージョンの ONTAP ソフトウェアが実行されている場合、ピア関係が設定された SVM だけが表示されます。選択したクラスタで ONTAP 9.3 以降が実行されている場合は、ピア関係が設定された SVM と許可された SVM が表示されます。

    4. ボリューム名サフィックスを必要に応じて変更します。

    同期

    1. * オプション: * レプリケーションタイプと関係タイプがわからない場合は、 * ヘルプ ME 選択 * をクリックし、値を指定して、 * 適用 * をクリックします。

    2. 同期ポリシーを選択します。

      同期ポリシーは、 StrictSync または Sync のいずれかです。

    3. クラスタと SVM を選択します。

      選択したクラスタで ONTAP 9.3 より前のバージョンの ONTAP ソフトウェアが実行されている場合、ピア関係が設定された SVM だけが表示されます。選択したクラスタで ONTAP 9.3 以降が実行されている場合は、ピア関係が設定された SVM と許可された SVM が表示されます。

    4. ボリューム名サフィックスを必要に応じて変更します。

  5. * をクリックします* 、保護ポリシーと保護スケジュールを更新し、デスティネーションボリュームで SnapLock のプロパティを有効にし、 FabricPool 対応アグリゲートを選択して、保護関係を初期化します。

  6. [ 保存( Save ) ] をクリックします。

    • 関連情報 *