日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

System Manager - ONTAP 9.7 以前を使用して、ソース SVM からバックアップ関係を作成します

寄稿者

ONTAP System Manager クラシック( ONTAP 9.7 以前で使用可能)を使用して、ソース Storage Virtual Machine ( SVM )からバックアップ関係を作成し、バックアップポリシーをバックアップ関係に割り当てて SnapVault を作成することができます。システムでデータの消失や破損が発生した場合、 SnapVault デスティネーションからバックアップデータをリストアできます。

作業を開始する前に
  • ソースクラスタとデスティネーションクラスタの両方で SnapVault ライセンスまたは SnapMirror ライセンスが有効になっている必要があります。

    注記
    • 一部のプラットフォームでは、デスティネーションクラスタで SnapVault ライセンスまたは SnapMirror ライセンスに加えて Data Protection Optimization \ ( DPO )ライセンスが有効になっていれば、ソースクラスタで SnapVault ライセンスまたは SnapMirror ライセンスが有効になっていなくてもかまいません。

    • デスティネーションクラスタで DPO ライセンスを有効にした後、ソースクラスタのブラウザを更新して、「 Protect 」オプションを有効にする必要があります。

  • ソースクラスタとデスティネーションクラスタ、およびソース SVM とデスティネーション SVM で正常なピア関係が確立されている必要があります。

  • デスティネーションアグリゲートの使用可能なスペースを確保する必要があります。

  • ソースアグリゲートとデスティネーションアグリゲートはどちらも 64 ビットである必要があります。

  • バックアップ( XDP )ポリシーが存在する必要があります。

    バックアップポリシーが存在しない場合は、新規に作成するか、自動的に割り当てられるデフォルトのバックアップポリシー( XDPDefault )を使用する必要があります。

  • FlexVol ボリュームがオンラインであり、タイプが読み書き可能である必要があります。

  • SnapLock アグリゲートのタイプが同じである必要があります。

  • 一度に保護できるボリュームは最大 25 個です。

  • ONTAP 9.2 以前のバージョンを実行しているクラスタから Security Assertion Markup Language ( SAML )認証が有効になっているリモートクラスタに接続する場合は、リモートクラスタでパスワードベースの認証を有効にする必要があります。

このタスクについて
  • System Manager ではカスケード関係はサポートされません。

    たとえば、関係のデスティネーションボリュームを別の関係のソースボリュームにすることはできません。

  • ロックのバックアップ関係は、 SnapLock 以外のボリューム(プライマリ)と SnapLock のデスティネーションボリューム(セカンダリ)の間でのみ作成できます。

  • デスティネーションクラスタで ONTAP 9.3 より前のバージョンの ONTAP ソフトウェアが実行されている場合、ソースボリュームで暗号化が有効になっていても、デスティネーションボリュームではデフォルトで暗号化が無効になります。

手順
  1. [* ストレージ > ボリューム *] をクリックします。

  2. SVM * フィールドのドロップダウンメニューで、 * すべての SVM * を選択します。

  3. バックアップ関係を作成するボリュームを選択し、 * その他の操作 * > * 保護 * をクリックします。

    Protect * オプションは、読み書き可能ボリュームに対してのみ使用できます。

  4. * Replication * タイプを選択します。

    選択したレプリケーションタイプ 手順

    非同期

    1. * オプション: * レプリケーションタイプと関係タイプがわからない場合は、 * ヘルプ ME 選択 * をクリックし、値を指定して、 * 適用 * をクリックします。

    2. 関係タイプを選択します。

      関係タイプは、ミラー、バックアップ、ミラーとバックアップのいずれかです。

    3. クラスタと SVM を選択します。

      選択したクラスタで ONTAP 9.3 より前のバージョンの ONTAP ソフトウェアが実行されている場合、ピア関係が設定された SVM だけが表示されます。選択したクラスタで ONTAP 9.3 以降が実行されている場合は、ピア関係が設定された SVM と許可された SVM が表示されます。

    4. ボリューム名サフィックスを必要に応じて変更します。

    同期

    1. * オプション: * レプリケーションタイプと関係タイプがわからない場合は、 * ヘルプ ME 選択 * をクリックし、値を指定して、 * 適用 * をクリックします。

    2. 同期ポリシーを選択します。

      同期ポリシーは、 StrictSync または Sync のいずれかです。

    3. クラスタと SVM を選択します。

      選択したクラスタで ONTAP 9.3 より前のバージョンの ONTAP ソフトウェアが実行されている場合、ピア関係が設定された SVM だけが表示されます。選択したクラスタで ONTAP 9.3 以降が実行されている場合は、ピア関係が設定された SVM と許可された SVM が表示されます。

    4. ボリューム名サフィックスを必要に応じて変更します。

  5. * をクリックします* 、保護ポリシーと保護スケジュールを更新し、デスティネーションボリュームで SnapLock のプロパティを有効にし、 FabricPool 対応アグリゲートを選択して、保護関係を初期化します。

  6. [ 保存( Save ) ] をクリックします。

    • 関連情報 *