日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ボリュームアクセスグループを作成します

寄稿者 amgrissino

安全なアクセスを確保するために、ボリュームのグループにイニシエータをマッピングしてボリュームアクセスグループを作成できます。その後、アカウントの CHAP イニシエータシークレットとターゲットシークレットを使用して、グループ内のボリュームへのアクセスを許可できます。

イニシエータベースの CHAP を使用する場合は、ボリュームアクセスグループ内の 1 つのイニシエータに CHAP クレデンシャルを追加することでセキュリティを強化できます。これにより、すでに存在するボリュームアクセスグループにこのオプションを適用できます。

手順
  1. [* 管理 > アクセスグループ *] をクリックします。

  2. [ アクセスグループの作成 *] をクリックします。

  3. ボリュームアクセスグループの名前を * Name * フィールドに入力します。

  4. 次のいずれかの方法でボリュームアクセスグループにイニシエータを追加します。

    オプション 説明

    Fibre Channel イニシエータを追加しています

    1. Add Initiators (イニシエータの追加)で、 Unbound Fibre Channel Initiators (未バインドのファイバチャネルイニシエータ)リストから既存のファイバチャネルイニシエータを

    2. [Add FC Initiator*] をクリックします。

      注記 この手順でイニシエータを作成するには、 [ イニシエータの作成 ] リンクをクリックし、イニシエータ名を入力して、 [* 作成 ] をクリックします。イニシエータを作成すると、イニシエータがイニシエータリストに自動的に追加されます。

    形式の例を次に示します。

    5f:47:ac:c0:5c:74:d4:02

    iSCSI イニシエータの追加

    イニシエータの追加で、イニシエータリストから既存のイニシエータを選択します。* 注: * イニシエータの作成 * リンクをクリックし、イニシエータ名を入力して、 * 作成 * をクリックすると、この手順の実行中にイニシエータを作成できます。イニシエータを作成すると、イニシエータがイニシエータリストに自動的に追加されます。

    形式の例を次に示します。

    iqn.2010-01.com.solidfire:c2r9.fc0.2100000e1e09bb8b
    ヒント 各ボリュームのイニシエータ IQN を確認するには、 * Management * > * Volumes * > * Active * リストで、そのボリュームの Actions メニューから * View Details * を選択します。

    イニシエータを変更するときは、 requiredCHAP 属性を True に切り替えて、ターゲットイニシエータシークレットを設定できます詳細については、 ModifyInitiator API メソッドに関する API 情報を参照してください。

  5. * オプション: * 必要に応じてイニシエータを追加します。

  6. Add Volumes (ボリュームの追加)で、 * Volumes (ボリューム) * リストからボリュームを選択します。

    ボリュームが * Attached Volumes * リストに表示されます。

  7. * オプション: * 必要に応じてボリュームを追加します。

  8. [ アクセスグループの作成 *] をクリックします。

詳細については、こちらをご覧ください