日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ボリュームアクセスグループとイニシエータを使用する

寄稿者 netapp-mwallis amgrissino

iSCSI イニシエータまたは Fibre Channel イニシエータを使用して、ボリュームアクセスグループ内に定義されたボリュームにアクセスできます。

アクセスグループを作成するには、 iSCSI イニシエータの IQN または Fibre Channel の WWPN をボリュームのグループにマッピングします。アクセスグループに追加した各 IQN は、 CHAP 認証なしでグループ内の各ボリュームにアクセスできます。

CHAP 認証には、次の 2 種類の方法があります。

  • アカウントレベルの CHAP 認証:アカウントに CHAP 認証を割り当てることができます。

  • イニシエータレベルの CHAP 認証: 1 つのアカウントを 1 つの CHAP にバインドすることなく、特定のイニシエータに一意の CHAP ターゲットとシークレットを割り当てることができます。このイニシエータレベルの CHAP 認証では、アカウントレベルのクレデンシャルが置き換えられます

必要に応じて、イニシエータ単位の CHAP を使用して、イニシエータの承認とイニシエータごとの CHAP 認証を適用できます。これらのオプションはイニシエータ単位で定義でき、アクセスグループにはオプションの異なるイニシエータを混在させることができます。

アクセスグループに追加した各 WWPN は、アクセスグループ内のボリュームへの Fibre Channel ネットワークアクセスを許可します。

注記 ボリュームアクセスグループには次の制限があります。
  • 1 つのアクセスグループに含めることができる IQN または WWPN は最大 64 個です。

  • 1 つのアクセスグループに含めることができるボリュームは最大 2 、 000 個です。

  • 1 つの IQN または WWPN が属することのできるアクセスグループは 1 つだけです。

  • 1 つのボリュームが最大 4 つのアクセスグループに属することができます。