日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Element クラスタからフェイルオーバーを実行します

寄稿者 amgrissino

Element クラスタからフェイルオーバーを実行して、デスティネーションボリュームを読み書き可能にし、デスティネーション側のホストがアクセスできるようにすることができます。Element クラスタからフェイルオーバーを実行する前に、 SnapMirror 関係を解除する必要があります。

NetApp Element UI を使用してフェイルオーバーを実行します。Element UI 問題を使用できない場合は、 ONTAP System Manager または ONTAP CLI を使用して、関係を解除するコマンドを実行することもできます。

必要なもの
  • SnapMirror 関係が存在し、デスティネーションボリュームに有効な Snapshot が 1 つ以上あることが必要です。

  • プライマリサイトでの計画外停止または計画的停止のために、デスティネーションボリュームへのフェイルオーバーが必要な状況にあります。

手順
  1. Element UI で、 * Data Protection * > * SnapMirror Relationships * をクリックします。

  2. フェイルオーバーするソースボリュームとの関係を探します。

  3. [ * アクション * ( * Actions * ) ] アイコンをクリックする。

  4. [ * Break * ] をクリックします。

  5. 操作を確定します。

    デスティネーションクラスタのボリュームで読み取り / 書き込みアクセスが可能になり、アプリケーションホストにマウントして本番環境のワークロードを再開できるようになります。この操作によって、 SnapMirror レプリケーションがすべて停止します。関係の状態は「 Broken-off 」になります。