日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ダウングレード前に現在のクラスタのアクティビティを確認する

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

ダウングレードを実行する前に、ジョブを実行しておらず、継続的可用性に対応していない CIFS セッションを終了する必要があります。

実行中のジョブがないことを確認します

ONTAP ソフトウェアをダウングレードする前に、クラスタジョブのステータスを確認する必要があります。アグリゲート、ボリューム、 NDMP (ダンプまたはリストア)、または Snapshot に関する実行中のジョブ(作成、削除、移動、変更、複製など) およびマウントジョブ)が実行中またはキューに登録されている場合は、ジョブが正常に完了するまで待つか、キューのエントリを停止する必要があります。

  1. 実行中またはキューに格納されているアグリゲート、ボリューム、または Snapshot に関するジョブのリストを確認します。「 job show

    cluster1::> job show
                                Owning
    Job ID Name                 Vserver    Node           State
    ------ -------------------- ---------- -------------- ----------
    8629   Vol Reaper           cluster1   -              Queued
           Description: Vol Reaper Job
    8630   Certificate Expiry Check
                                cluster1   -              Queued
           Description: Certificate Expiry Check
    .
    .
    .
  2. アグリゲート、ボリューム、または Snapshot コピーに関する実行中のジョブとキューに格納されているジョブをすべて削除します。「 job delete -id job_id

    cluster1::> job delete -id 8629
  3. アグリゲート、ボリューム、または Snapshot ジョブが実行中またはキューに格納されていないことを確認します。「 job show

    次の例では、実行中のジョブとキューに登録されているジョブがすべて削除されています

    cluster1::> job show
                                Owning
    Job ID Name                 Vserver    Node           State
    ------ -------------------- ---------- -------------- ----------
    9944   SnapMirrorDaemon_7_2147484678
                                cluster1   node1          Dormant
           Description: Snapmirror Daemon for 7_2147484678
    18377  SnapMirror Service Job
                                cluster1   node0          Dormant
           Description: SnapMirror Service Job
    2 entries were displayed

終了する必要のあるアクティブな CIFS セッションを特定します

無停止ダウングレードを実行する前に、継続的可用性に対応していない CIFS セッションを特定して正常に終了する必要があります。

Hyper-V クライアントまたは Microsoft SQL Server クライアントが SMB 3.0 プロトコルを使用してアクセスする、継続的可用性を備えた CIFS 共有を、アップグレード前またはダウングレード前に終了する必要はありません。

  1. 継続的可用性に対応していない確立済みの CIFS セッションを特定します。 vserver cifs session show -continuously-available Yes -instance

    このコマンドは、継続的可用性に対応していない CIFS セッションの詳細情報を表示します。これらのセッションは、 ONTAP のダウングレードを開始する前に終了する必要があります。

    cluster1::> vserver cifs session show -continuously-available Yes -instance
    
                            Node: node1
                         Vserver: vs1
                      Session ID: 1
                   Connection ID: 4160072788
    Incoming Data LIF IP Address: 198.51.100.5
          Workstation IP address: 203.0.113.20
        Authentication Mechanism: NTLMv2
                    Windows User: CIFSLAB\user1
                       UNIX User: nobody
                     Open Shares: 1
                      Open Files: 2
                      Open Other: 0
                  Connected Time: 8m 39s
                       Idle Time: 7m 45s
                Protocol Version: SMB2_1
          Continuously Available: No
    1 entry was displayed.
  2. 必要に応じて、特定された各 CIFS セッションの開いているファイルを確認します。 vserver cifs session file show -session-id session_id'

    cluster1::> vserver cifs session file show -session-id 1
    
    Node:       node1
    Vserver:    vs1
    Connection: 4160072788
    Session:    1
    File    File      Open Hosting                               Continuously
    ID      Type      Mode Volume          Share                 Available
    ------- --------- ---- --------------- --------------------- ------------
    1       Regular   rw   vol10           homedirshare          No
    Path: \TestDocument.docx
    2       Regular   rw   vol10           homedirshare          No
    Path: \file1.txt
    2 entries were displayed.