日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ローカル階層にキャッシュを追加してください

ソリッドステートドライブ( SSD )キャッシュをプロビジョニングするには、 SSD を追加して既存のローカル階層(アグリゲート)を Flash Pool アグリゲートに変換します。Flash Pool アグリゲートを使用すると、作業データセットには Flash を高性能なキャッシュとして導入しながら、アクセス頻度が低いデータには低コストの HDD を使用できます。

SSD キャッシュをプロビジョニングしてローカル階層に追加するプロセスは、インストールされている ONTAP のバージョンによって異なります。

使用する ONTAP のバージョン 実行する手順

ONTAP 9.8 以降

[Use the CLI to create an SSD storage pool]

ONTAP 9.7

[Use System Manager to add an SSD cache (ONTAP 9.7 only)]

CLI を使用して SSD ストレージプールを作成してください

ONTAP 9.8 以降の CLI を使用して、 2~4 つの Flash Pool アグリゲートに SSD キャッシュを提供する SSD ストレージプールを作成します。

手順
  1. 手順 To を実行します "SSD ストレージプールを作成する"

System Manager を使用して SSD キャッシュを追加する( ONTAP 9.7 のみ)

手順
  1. []( クラシックバージョンに戻る ) をクリックします。

  2. ストレージ > アグリゲートとディスク > アグリゲート * をクリックします。

  3. ローカル階層(アグリゲート)を選択し、 * Actions > Add Cache * をクリックします。

  4. キャッシュソースとして、「ストレージプール」または「専用 SSD 」を選択します。

  5. (新しいエクスペリエンスに切り替える) * をクリックします。

  6. Storage > Tiers * をクリックして、新しいアグリゲートのサイズを確認します。