日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ジョブスケジュールの管理用コマンド

寄稿者 netapp-thomi netapp-pcarriga

多くのタスク(たとえば ' ボリュームのスナップショット・コピー)は ' 指定されたスケジュールで実行するように構成できます特定の時刻に実行されるスケジュールは '_cron_schedules と呼ばれます( UNIX の cron スケジュールに似ています)一定間隔で実行されるスケジュールは、 _interval_schedules と呼ばれます。ジョブ・スケジュールを管理するには 'job schedule コマンドを使用します

手動でのクラスタの日付や時刻の変更は、ジョブスケジュールには反映されません。ジョブは、ジョブが作成された時点または最後に実行された時点のクラスタの時刻に基づいて実行されます。したがって、クラスタの日付や時刻を手動で変更する場合は、「 job show 」コマンドおよび「 job history show 」コマンドを使用して、スケジュール済みのすべてのジョブが必要に応じてキューに格納され、完了していることを確認する必要があります。

クラスタが MetroCluster 構成に含まれている場合は、両方のクラスタのジョブスケジュールが同じである必要があります。したがって、ジョブスケジュールを作成、変更、または削除する場合は、リモートクラスタでも同じ処理を実行する必要があります。

状況 使用するコマンド

すべてのスケジュールに関する情報を表示する

「 job schedule show 」のように表示されます

ジョブのリストをスケジュール別に表示します

「 job schedule show-jobs 」

cron スケジュールに関する情報を表示します

job schedule cron show`

インターバルスケジュールに関する情報を表示します

「 job schedule interval show 」のように表示されます

cron スケジュールを作成します。 ^1

job schedule cron create

インターバルスケジュールを作成します

ジョブ・スケジュール間隔は作成されます

パラメータには、「 -days 」、「 -hours 」、「 -minutes 」、または「 -seconds 」のうち、少なくとも 1 つを指定する必要があります。

cron スケジュールを変更します

job schedule cron modify

インターバルスケジュールを変更します

「 job schedule interval modify 」のように変更します

スケジュールを削除します

「 job schedule delete 」のように指定します

cron スケジュールを削除します

job schedule cron delete

インターバルスケジュールを削除します

「 job schedule interval delete 」のように指定します

^1 ^ ONTAP 9.10.1 以降では、「 job schedule cron create 」コマンドを使用してジョブスケジュールを作成する場合、ジョブスケジュールの SVM を含めることができます。