日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

使用可能なノードシェルコマンドを表示します

寄稿者 netapp-barbe

ノードシェルから CLI ヘルプを使用すると、使用可能なノードシェルコマンドのリストを取得できます。

手順
  1. ノードシェルにアクセスするには、クラスタシェルのシステムプロンプトで次のコマンドを入力します。

    system node run -node {nodename|local}`

    「 local 」は、クラスタへのアクセスに使用するノードです。

    注記

    「 system node run 」コマンドには、「 run 」というエイリアスコマンドがあります。

  2. 使用可能なノードシェルコマンドのリストを表示するには、ノードシェルで次のコマンドを入力します。

    '*[commandname] ヘルプ *

    commandcommandname は、利用可能な状態を表示するコマンドの名前です。commandname を含めない場合、 CLI は利用可能なすべてのノードシェルコマンドを表示します。

    クラスタシェル CLI に戻るには、「 exit 」と入力するか Ctrl+D を使用します。

次の例では、 node2 という名前のノードのノードシェルにアクセスし、ノードシェルコマンド「 environment 」の情報を表示しています。

cluster1::> system node run -node node2
Type 'exit' or 'Ctrl-D' to return to the CLI

node2> environment help
Usage: environment status |
     [status] [shelf [<adapter>[.<shelf-number>]]] |
     [status] [shelf_log] |
     [status] [shelf_stats] |
     [status] [shelf_power_status] |
     [status] [chassis [all | list-sensors | Temperature | PSU 1 |
     PSU 2 | Voltage | SYS FAN | NVRAM6-temperature-3 | NVRAM6-battery-3]]