日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

CLI コマンド用のシェルの種類について(クラスタ管理者のみ)

寄稿者 netapp-barbe

クラスタには、 CLI コマンド用の異なる 3 つのシェルとして、 _clustershell _ 、 _nodeshell _ 、 _systemshell _ があります。各シェルの用途は異なり、それぞれに異なるコマンドセットがあります。

  • クラスタシェルは、クラスタにログインすると自動的に開始されるネイティブシェルです。

    クラスタの設定と管理に必要なすべてのコマンドが含まれています。クラスタシェル CLI ヘルプ(「 ? 」によってトリガーされます) を入力するとトリガーされる)には、使用可能なクラスタシェルコマンドが表示されクラスタシェルの「 man command_name _ 」コマンドは、指定されたクラスタシェルコマンドのマニュアルページを表示します。

  • ノードシェルは、ノードレベルでのみ有効なコマンドのための特別なシェルです。

    ノードシェルには、「 system node run 」コマンドを使用してアクセスできます。

    ノードシェルの CLI ヘルプ(「 ? 」によってトリガーされます) または、ノードシェルプロンプトに「 help 」と入力すると、使用可能なノードシェルコマンドが表示されます。ノードシェルの「メニュー」コマンドは、指定されたノードシェルコマンドのマニュアルページを表示します。

    よく使用されるノードシェルコマンドとオプションの多くは、クラスタシェルにトンネリングまたはエイリアスされ、クラスタシェルから実行することもできます。

  • システムシェルは、診断とトラブルシューティングの目的に限って使用する低レベルのシェルです。

    システムシェルおよび関連する「タグ」アカウントは、下位レベルの診断用です。アクセスには diagnostic 権限が必要で、テクニカルサポートがトラブルシューティングタスクを実行するために予約されています。