日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

バケットをプロビジョニングする

寄稿者 netapp-rlithman netapp-aherbin netapp-forry このページの PDF をダウンロード

新しい S3 オブジェクトストア用の S3 バケットを追加するか、既存のオブジェクトストアにバケットを追加します。

リモートクライアントアクセスの場合は、 S3 対応の Storage VM でバケットを設定する必要があります。S3 対応でない Storage VM にバケットを作成した場合、そのバケットはローカル階層化にのみ使用できます。

注記 ONTAP 9.8 以降では、ストレージをプロビジョニングすると QoS がデフォルトで有効になります。QoS を無効にするか、プロビジョニングプロセス中またはあとからカスタムの QoS ポリシーを選択できます。
手順
  1. S3 対応 Storage VM に新しいバケットを追加

    1. [ * ストレージ ] 、 [ バケット ] の順にクリックし、 [ * 追加 ] をクリックします。

    2. 名前を入力し、 Storage VM を選択してサイズを入力します。

      • この時点で * Save * をクリックすると、次のデフォルト設定でバケットが作成されます。

        • どのグループポリシーも有効になっていないかぎり、バケットへのアクセスはユーザに許可されません。

          注記 S3 root ユーザを使用して ONTAP オブジェクトストレージを管理したり権限を共有したりしないでください。オブジェクトストアに無制限にアクセスできます。代わりに、割り当てた管理者権限を持つユーザまたはグループを作成してください。
        • システムで最も利用可能なサービス品質(パフォーマンス)レベル。

      • バケットの設定時にユーザの権限やパフォーマンスレベルを設定するには、「 * More Options * 」をクリックします。あとで設定を変更することもできます。

        • 権限を設定するために * More Options * を使用する前に、ユーザーとグループを作成しておく必要があります。

        • S3 オブジェクトストアを FabricPool の階層化に使用する場合は、パフォーマンスサービスレベルではなく、階層化に * 使用(階層化データのパフォーマンスが最適な低コストのメディアを使用)を選択することを検討してください。

  2. 別の ONTAP システムまたは外部のサードパーティ製アプリケーションである S3 クライアントアプリケーションで、次のように入力して新しいバケットへのアクセスを確認します。

    • S3 サーバの CA 証明書。

    • ユーザーのアクセスキーとシークレットキー。

    • S3 サーバの FQDN 名とバケット名。